スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★トゥルーグリット

トゥルーグリット07

2011年3月18日(金)公開

【作品情報】
ジョン・ウェイン主演で知られる、69年製作の傑作西部劇『勇気ある追跡』を、『ノーカントリー』でアカデミー賞を総ナメにしたジョエル&イーサン・コーエン監督がリメイク。父親を殺された14歳の少女と大酒飲みの連邦保安官、テキサス・レンジャーという3人の壮大なる犯人捜しの旅を、実力派俳優の共演で描き出す。

【ストーリー】
牧場主の娘として産まれながらも責任感が強く信念の強い14歳の少女、マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)の父親が、雪の降るある夜、雇い人のトム・チェイニー(ジョシュ・ブローリン)に無残にも撃ち殺された。知らせを受けたマティは、遺体を引き取りにオクラホマ州境のフォートスミスへとやってくる。一方、チェイニーは、わずか2枚の金貨のためにマティの父を殺した後、逃亡者となってインディアン領へ向かい、お尋ね者のネッド(バリー・ペッパー)率いる悪党達の仲間入りをすることになる。フォートスミスで父親の形見の銃を譲り受け、犯人に罪を償わせることを心に誓った彼女は、“トゥルー・グリット(真の勇気)”があると言われる大酒飲みでアイパッチをした連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人追跡を依頼。最初は子供扱いで相手にもされないマティだったが、決して諦めない執念と報酬の魅力に負け、コグバーンはマティの依頼を受けることにする。その後、別の容疑でチェイニーを追ってフォートスミスへ来ていた若きテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、犯人追跡の過酷な旅が始まる。
トゥルーグリット25

【作品データ】
原題 TRUE GRIT
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間 110分

【スタッフ】
監督 ジョエル・コーエン 、 イーサン・コーエン
脚本 ジョエル・コーエン 、 イーサン・コーエン
原作 チャールズ・ポーティス

【キャスト】
ルースター・コグバーン: ジェフ・ブリッジス
ラビーフ: マット・デイモン
トム・チェイニー: ジョシュ・ブローリン
ネッド・ペッパー: バリー・ペッパー
マティ・ロス: ヘイリー・スタインフェルド


トゥルーグリット11
トゥルーグリット21

【マイレビュー】
西部劇はあまり観ないしそんなに好きではない。
だが旅を続ける娘と二人の保安官という3人のそれぞれの個性が際立っていて僕はすごく面白かった。
3人の会話、特にかわいい娘の存在をめぐって保安官同士の絶えない口げんかが幼稚で会話も最高に可笑しかった。

頭の回転が良く博学で女の子ながら弁が立つ主人公のマティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)。
父親の復讐に命がけなんかしなければ多分ビジネスで大成功していただろうに。
飴と鞭を使い分けた口八丁手八丁な冒頭の馬問屋(?)との取引シーンは観ていて小気味よかった。

西部劇ではお決まりの復讐劇だろうと思っていたが、その復讐にはそれほどのウェイトは置いていない珍しいパターンだった。
逃亡犯グループは確かに荒くれ者ばかりだったが、想像していたほどの凶悪な感じは無くてちょっとガッカリ。復讐すべき相手もどちらかといえばパシリ的なポジションっていうのが、ちょっといただけなかった。それにグループの連中もみんな意外といいヤツばかりだった。

テキサスレンジャー役で僕の好きなマット・デイモンも出ていた。やっぱ肝心なときに頼りになる役だった。こんな西部劇の役もこなせるなんてやっぱタダ者じゃない。

トゥルーグリット08

酔っ払いの熱血漢であるコグバーン保安官(ジェフ・ブリッジス)が最高だった。
ラストまで観ていただければきっと分かると思う。

あまりインパクトが無い題名だけど、少しオススメ映画です。


PS。荒野で野宿するときに自分の寝床の周りにロープで円を描くように這わせると『蛇よけ』になることを初めて知った。あまりこの先、役に立つとは思えないが(笑)

トゥルーグリット03

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。