スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★偽りの人生 TODOS TENEMOS UN PLAN

photo2.jpg

2013年7月12日(金)公開

【作品情報】
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で知られるヴィゴ・モーテンセン主演のサスペンス・スリラー。一卵性双生児の兄を殺し、彼になりすまして人生をやり直そうとする男の姿が描かれる。共演は、第82回アカデミー賞で外国語映画賞に輝いた『瞳の奥の秘密』のソレダー・ビヤミルらが脇を固める。

【ストーリー】
ブエノスアイレス在住の医師アグスティンの心には、ぽっかりと穴が空いていた。結婚8年目の妻クラウディアとの暮らしは裕福で安定していたが、公私共に決まりきった日常に耐えがたい息苦しさを感じているアグスティンは、まったく別の自由な人生を夢見ていた。そんなある日、絶対に叶わぬはずの夢を実現させるチャンスが訪れる。長らく音信不通だった一卵性双生児の兄ペドロが突然現れ、末期ガンに蝕まれた自分を殺してほしいと依頼してきたのだ。一度は躊躇しながらも罪深き行為に手を染めたアグスティンは、瓜ふたつの容姿のペドロに成りすまし、生まれ故郷ティグレで新たな人生をスタートさせる。しかし生前のペドロが重大な犯罪に関わっていたことが判明し、幼少期からの忌まわしい因縁に絡め取られたアグスティンは、思いがけない壮絶な運命をたどっていくのだった……。
photo3.jpg

【作品データ】
原題 TODOS TENEMOS UN PLAN
製作年 2012年
製作国 アルゼンチン=スペイン=ドイツ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 117分

【スタッフ】スタッフ
監督 アナ・ピーターバーグ
脚本 アナ・ピーターバーグ
製作 マリエラ・ベスイエフスキー 、 ヘラルド・エレーロ 、 バネッサ・ラゴーネ

【キャスト】
アグスティン/ペドロ: ヴィゴ・モーテンセン
クラウディア: ソレダー・ビヤミル
アドリアン: ダニエル・ファネゴ
ルーベン: ハビエル・ゴンディーノ
ロサ: ソフィア・ガラ・カスティリオーネ



o0600033312606128629.jpg

アルゼンチン映画で言語はスペイン語だった。
なにかスペイン語というのは日本語に近い言語のような感じがした。

養子縁組の件で夫婦のいさかい場面があったが、日本の夫婦喧嘩のイメージに近かった。
あくまでも印象だが、最後まで話している言葉を聞かなくてもニュアンスで分かるというか、空気を読める会話というか、ストレートな言い回しではないような言語のようだった。英語より日本語に近い感じがしたが気のせいだろうか。

ブエノスアイレスから北へ30km程のデルタ地帯、ティグレという場所が舞台である。いつでもどんよりと曇っていて移動は常にボートである。その風景が多用されていてとても印象的である。

主演のヴィゴ・モーテンセンはとても素晴らしかったと思う。「目は口ほどにものを言う」俳優だと思う。
5TODOS TENEMOS UN PLAN

しばらくこのような映画に巡りあっていなかったが、観終わってどう感じるかというものを完全に視聴者に委ねられた映画のような気がする。なので今回は多くは語らないが、なんともいえぬ倦怠感というか、厭世的でやりきれなさというものを感じる映画だった。

作品紹介では「サスペンス・スリラー」と書かれているが、そのジャンルではなかった気がする。
人の運命や愛情、それに人生観についての映画だったと僕は思う。

僕もやっと大人になったのだろうか。昔だったら最初の10分間で寝ていたかもしれない。もしかしたら人によっては悲しいだけだとか、とても退屈に感じるだけかもしれないが、こういう作品をもっと観てみたいと思うようになった。

この映画で特に印象的な『川』というものが人の運命を物語っている様に僕は感じた。

7TODOS TENEMOS UN PLAN

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。