スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★トリック Trick

20111116_2158404.jpg

製作年:2010年製作国:ポーランド原題:TRICK

“偽札”をテーマに、国際的裏社会の裏切りと駆け引きをスリリングに描くクライムサスペンス。
2週間で $6,000,000.- を偽造せよ。 報酬は、自由―。
ワールドワイドで仕掛けられた、マネートリックサスペンス!
様々な駆け引きと裏切りが交錯する、最上級の謎解きクライム・サスペンス!!

【ストーリー】
ポーランド国内で多額の偽札(米)ドルが発見された。黒幕を暴こうとアメリカ捜査網が動き出し、偽造集団を逮捕する。そんな時、アフガニスタンでポーランド政府要人が拉致され、誘拐犯から巨額の身代金を要求される。追い込まれたポーランド政府は人質解放にむけ危険な裏工作に出る。何と収監していた世界一の腕を誇る偽造プロに対し、偽札作りを指示するのであった。条件は一つ“2週間以内に600万ドルを作る”こと。こうして、世界を騙す危険な“トリック”が動き出した―。

【キャスト】
ピョートル・アダムチク
マリアン・ジエドジェル
アンジェイ・ヒラ
イェジー・トレラ
カロリーナ・グルシュカ
アグニェシュカ・ヴァルフルスカ

製作国:ポーランド
言語:ポーランド語

(C)2010 AROMER S.C., TP S.A., JSK Architekci Sp. z o.o.
内容(「キネマ旬報社」データベースより)



20111116_2158403.jpg


『すべてお見通しだ!!』の仲間由紀恵のあの「トリック」じゃない。

こちらはポーランド製作のサスペンス映画である。
まあ僕も観た時期が悪かった。ウェブ検索するとほぼ上位は仲間さんの映画である。
この映画はずっとずっと後半にやっと出てくる。
なので「検索キーワード」は「ポーランド映画」でググるほうがいい。

ヨーロッパ映画というものはアメリカ映画に比べ世界のヒーロー気取り的なところが全くなくて最近特に好きだ。


実はこの映画、この僕だけははっきり気づいちゃったんだが、気づいた方は他にいるだろうか。
サスペンス&ミステリー映画らしからぬ、他には類を見ないとても珍しい特徴があるのだ。

な・な・なんと!!!

『誰一人として殺されてない』『誰一人死んでもいない』ってことだ。しかも『暴力沙汰すらも一切無い。』のだ。
いやいやそんなサスペンス&ミステリー映画って他にありえますかっ!
逆にあったら僕に教えて欲しい。

アメリカだったらサスペンス&ミステリー映画で罪の無い人も含めて最低10人、戦争やテロ映画で100人、スタローン映画で500人以上は必ず死んでいる(笑)。

何かアメリカとは人の命や体の大切さという価値観が全く違う様に感じた。これもポーランドの国民性なのだろうか。
それに本当に「ストーリー重視」で良い。

とにかくこの映画は伏線がたくさんあって、甘ったるい僕の頭の中ではストーリーがなかなか繋がらなかった。なのであとでもう一度観て確認する。

ラストシーンの「FUCK YOU!」が効いてるよ(笑)


追伸:

も一回観てみた。嘘ついちゃった。

最初の警察のガサ入れで2~3人ぐらい死んでた。
でも記事の修正はしないでおきましょう。だってそこを除けば何もなくなっちゃうし、嘘でも「枯れ木の賑わい」ってことで。

でも本編に入ってはやっぱ誰も死んでない。きっぱり。


20111116_2158405.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。