スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★復活の日 Virus

hukkatu.jpg

MovieWalkerより
1980年6月28日(土)公開
【作品情報】
恐怖の細菌兵器のために人類はほとんど絶滅、南極に残されたわずかな人々の生きのびる姿を描く。小松左京の同名の小説の映画化で、脚本は「日本の黒幕」の高田宏治とグレゴリー・ナップ、「赤穂城断絶」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「金田一耕助の冒険」の木村大作がそれぞれ担当。

【ストーリー】
一九八×年冬、東ドイツの陸軍細菌研究所から新種のウイルスM-88が盗まれた。この細菌は摂氏マイナス10度で自己増殖をはじめ、零度を越えると猛烈な毒性を発揮する。M-88を奪ったスパイは小型飛行機でアルプスを越えようとするが、吹雪の中で墜落し、恐るべき細菌が飛散してしまう。越冬隊員の吉住周三(草刈正雄)は東京に残してきた恋人、浅見則子(多岐川裕美)の身を案じていた。全世界で次々と死んでいく人々で路上は溢れ、混乱の極に達していた。アメリカ合衆国リチャードソン大統領は南極各国基地に「一致協力して生きる努力を傾けていただきたい」とのメッセージを残して息絶えた。夏の終り、南極に残る十一ヵ国八六三人を除いて世界は死滅した。八人の女性を含む残された人々の生活が始まった。そこへ、地震学者の吉住が人類滅亡の第二の危機が迫っていることを伝える。地穀変動調査でアメリカを垂直型地震が襲うことを探知、その衝撃波は、狂信的なガーランド将軍が死ぬ前にスイッチを入れたホワイトハウス地下にある対ソ連核ミサイル攻撃の自動報復システム(ARS)に作動すると言う。ミサイルが発射されれば、ソ連の核報復システムも作動し、そのうちの一つが南極の米軍基地にも降ることになるのだ。地震が起きる前に誰かが行かなければ地球が滅亡することになる。ノルウエーの女性隊員マリト(オリヴィア・ハッセー)は密かに吉住を慕っていたが、人類の種を絶やさないために、多くの男性との性交渉を義務づけられていた彼女に、吉住を独占する権利はなかった。吉住が死の旅へ出発する前夜マリトの愛は燃え上がった。

hukkatu7.jpg

【作品データ】
原題 Virus
製作年 1980年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 156分

【スタッフ】
監督: 深作欣二
脚本: 高田宏治 、 グレゴリー・ナップ 、 深作欣二
原作: 小松左京
製作: 角川春樹
主題歌: ジャニス・イアン

【キャスト】
吉住周三: 草刈正雄
マリト: オリヴィア・ハッセー
中西博士: 夏八木勲
浅見則子: 多岐川裕美
コンウェイ提督: ジョージ・ケネディ
カーター少佐: ボー・スベンソン



hukkatu11.jpg

【マイレビュー】
もう34年も前の作品であり、深作欣二監督作品である。僕はリアルタイムでこの原作本を買い、読んで感動し友だちと映画館で見た記憶がある。

草刈正雄はもうこの世の人とは思えないくらいかっこいい。
オリヴィア・ハッセーはロミオとジュリエット当時と変わらぬくらい超キレイである。そのあたりも見どころである。

ハリウッドや世界中の協力も得られていて、日本映画でこれだけのスケールは当時では革新的であったと思う。逆に今では製作準備段階で各国の協力度合いの調整だけで難航しプランはまず頓挫するだろう。
雪や氷、雪山などのシーンが多いが、そのあたりのロケの苦労も相当あっただろう。映像美がすばらしくもっと今のように高画質だったらどんなに素晴らしいだろうと思う。

フィクションには間違いないのだが、実際にありえそうなフィクションである。

hukkatu4.jpg


この映画での印象的な部分に「歴史を忘れて人間は過ちを繰り返す。そして文明は滅びる。」そう嘆くホワイトハウスでのバークレイ上院議員(ロバート・ボーン)の言葉がある。それがこの映画の中の『闇』の部分であり、民族の分け隔てなく小人数の中で希望を持ち秩序を保ち助け合って生きる姿が『光』であると思う。
34年前に観た当時はそんなこと思いもしないほど僕も子供だったが、今改めて観てみてそれが分かる。原作者の小松左京氏と深作監督が特に印象付けたかった部分だと思う。

パニック映画ではあるが、そのカテゴリ分類ではすこし軽すぎる感じがしたので、「人間愛」や「運命」に紐付けたカテゴリに分類した。そのほうがしっくりくる。

実際に南極で撮影されている映像も多い。当時全く知らない土地だったのだが、改めて観てみるとなんと世界遺産のペルーのマチュピチュや、同じく世界遺産のチリのパタゴニア グレイ氷河でも撮影していたのには驚きを新たにした。

『ソ連』『東ドイツ』などがまだ現存し、日本の文明も発展途上の時代だったが、普遍的に現代に通じる筋の通った映画である。

エンディングにはジャニス・イアンの歌う「ユー・アー・ラヴ」が流れる。とてもスケール感のある曲で「この映画を観た」という印象を深くさせてくれる。

若い方にも観てもらいたい映画である。


hukkatu3.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

イッツナッツューリー…。

劇中に登場する黒い潜水艦何か記憶に残りますね。日本人が海外並みの作品に挑んだ結果が本作だと思います。
検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。