スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●大脱出 ESCAPE PLAN 

daidassyutsu4.jpg

MovieWalkerより
【作品情報】
一時代を築いたアクションスター、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが『エクスペンダブルズ2』以来となるタッグを組み、本格共演を果たしたアクション大作。脱獄のプロと囚人が協力し、洋上に浮かぶ難攻不落の監獄からの脱出を試みるさまが描かれる。監督は『シャンハイ』のミカエル・ハフストローム。

【ストーリー】
絶海に浮かぶそのタンカーは、世界中の重犯罪者たちから恐れられ、一度入れば二度と出ることが出来ない巨大な監獄。“墓場”と異名をとるこの船に、世界屈指のセキュリティ・コンサルタント=脱獄のプロであるブレスリン(シルベスター・スタローン)が投獄される。何者かの手によって拉致され、犯罪者の汚名を着せられた彼は、自分を罠にかけた組織の陰謀を暴くため、自らも設計に関わったこの監獄の脱出計画を練り始める。そんな中、凶暴な手下たちを率いる囚人たちのボス、ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現れる……。

【作品データ】
原題 ESCAPE PLAN
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 116分

【スタッフ】
監督 ミカエル・ハフストローム
脚本 マイルズ・チャップマン 、 ジェイソン・ケラー
原案 マイルズ・チャップマン

【キャスト】
ブレスリン シルヴェスター・スタローン
ロットマイヤー アーノルド・シュワルツェネッガー
ホッブズ ジム・カヴィーゼル
ハッシュ カーティス“50セント”ジャクソン



daidassyutsu554.jpg

【マイレビュー】
『海に浮かぶその監獄は 作ったものすら破れない…』なんていうキャッチフレーズ付けちゃって。この監獄の場所がどこにあるかってことがストーリーの中では大きな謎だったのに、あんな映画ポスターでネタ晴らししちゃってたんだな。何の予備知識も持たないほうが絶対に面白いはずなのに、もうっ、配給会社のお馬鹿さん。
僕なんかが船が爆破された写真までのっけても文句は言われまい。

スタローンとシュワちゃんがこんな一大アクション娯楽映画で競演しちゃった。「エクスペンダブルズ2」ではシュワちゃんは知事の仕事が忙しくて、ちょこっとしか出ていなかったはず。
二人とも相当お年なのだが、胸板はいつまでも厚い。さすがにこの映画では裸にはなっていないが、看守による囚人への拷問のシーンや暴動、囚人同士のケンカ、懲罰房での熱射ライトで焼かれるシーン、脱出のための水中シーンなど、とても60過ぎとは思えない体を張った二人のアクションシーンも豊富だった。

もう常識だけど、スタローンが出る映画はいつも話の筋書きが観る前から分かる。スタローンには表情が無いし、普段からあんまり感情も無いように見える。やっぱり喜怒哀楽の『怒』の部分しか出来ないんだよな。
だから今まで、アカデミー賞ノミネートは3回程度。それに比べ、「ラズベリー賞」ノミネートは毎年常連だし、いままで何度も受賞しているからな。

daidassyutsu54.jpg


最後まで観るとスタローンの「デイライト」や「ランボー」、シュワちゃんの「トゥルー・ライズ」や「T2」なんかを適度に絡めて、ミックスしたような感じがする。
とりあえずスタローンが主役ではあった。
シュワちゃんの役は本当は誰でも良かったと思うが、映画の売名行為、あっいや、宣伝効果抜群なのでその話題性を集めたってことで○ですな。

この映画でもお約束の、極悪人を収監するこの刑務所長ホッブス(ジム・カヴィーゼル)は、見た目若いがとってもワル知恵が働き陰湿でサディストであり、右腕となるイカつい部下も同様である。
だとしてもね。結果的には囚人管理側の人間が囚人よりも悪い奴らにされちゃって、そんなサド所長も黒づくめの看守たちも、双眼鏡で海を見ていただけの船長も、甲板船員たちも全員皆殺しにして、「大成功!!」的な、事の善悪や信念も、気になるシーンにも何の伏線も無く、とにかくマシンガンを撃ちまくりで、滅茶苦茶で、スカッとするが決して正しくないハッピーエンドを堪能されたい方は観ることをオススメするが、それ以外の方はやっぱりやめたほうがいい。
期待以上でも期待以下でもなく、やっぱりいつもの「スタローン映画」なのである。

ただ僕自身はなんだかんだ言っても一気に観れてスカッとして、意外と面白かったのです。

daidassyutsu19.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。