スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★完全なる脱獄

完全なる脱獄1

ギャングのカイーネクは、敵対組織のメンバーを殺害した罪で終身刑の判決を受ける。その後10年間、幾多の脱獄を図るが失敗、現在は最強の警備システムを誇る重犯罪者専用の刑務所に収監されていた。女弁護士のポコロヴァは、被害者の証言や証拠物件の不審な点からカイーネクの無実を確信、新たに再審請求を行うが却下されてしまう。事件の裏に悪徳警官たちの陰謀を察知したポコロヴァは調査を開始、カイーネクも巨悪に立ち向かうべく難攻不落の刑務所からの脱獄に向けて動き出す!



2010年 - チェコ映画

チェコ映画というのは初めて観たと思う。
ロシア映画の「ドラゴンタトゥーの女」の印象とストーリーも展開も全く違うが、同じ匂いがする映画だった。
この映画は実話に基づいているとのことだが、ことの真相はやっぱりどこかはっきりしていない。
そして、エンディングでは観るものを不完全燃焼させてしまう。

アメリカ映画のように、実話なのに主人公をヒーロー化したり、サクセスストーリーだったり、ハッピーエンドだったり、勧善懲悪を徹底するような映画ではないために、それに慣れ親しんでしまっていた僕としては、やたらイライラし、頭を使わされ、最後までやりきれない気持ちに持っていかれてしまった。

だがそれがこの映画の大きな狙いでもあると思うし、逆にそういうところがとても印象に残る素晴らしい映画だと思う。

カイーネクを演じたこの役者さんはむちゃくちゃかっこいい。
こんな風に年を取りたいものだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。