スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ジャンゴ 繋がれざる者  Django Unchained 

Django Unchained 『ジャンゴ 繋がれざる者』
Django Unchained 『ジャンゴ 繋がれざる者』 2/2

一足先にこの映画をFC2で観た。
一言で言って「長い」けど、時間を忘れる。

タランティーノ監督はいろんな作品を手掛けるお人だ。才気が溢れすぎて気味が悪い。

この映画は南部戦争の頃のアメリカを舞台に、白人による黒人奴隷の人身売買の横行していた時代の西部劇である。

歯医者の肩書で指名手配犯の賞金稼ぎをしているほとんど詐欺師同然のドイツ系紳士ドクター・キング・シュルツが、出逢った黒人奴隷のジャンゴを賞金稼ぎのパートナーにして、「南部一の早撃ち」ガンマンに育てる。
賞金稼ぎをしながら、シュルツは白人のキャンディランドの主人(レオナルド・ディカプリオ=珍しく完全な悪役)宅に奴隷として買われているジャンゴの妻を救出しに行こうと提案する。
人間としての尊厳と自由平等が皆無だった時期のアメリカの歴史もよく表しているが、黒人がこれほどモノが言えない時代で白人の奴隷だったことは、この映画を通じてあらためて怒りを感じた。

黒人を二ガーと頻繁に呼び捨てにしたり、撃ち合いのシーンや、犬を使った拷問や死刑のシーンなど、かなり陰湿で残酷で凄惨なシーンの連続で、飛び散る血の量も半端無いのだが、ラストシーン的にはそういう伏線が必要だったのかもしれないな。

とても見ごたえのある映画だったし、西部劇にありがちなリベンジ物ではないので、ストーリー的にもハラハラして面白かった。


ジャンゴ役のジェイミー・フォックスの奴隷的(?)な容姿と、ガンマンとしてのかっこ良さのギャップが凄くいい。
シュルツ役のクリストフ・ヴァルツも完全なハマり役で、日本人なら橋爪功さんのようなナチュラルな人の良さがにじみ出ていて素晴らしかった。
キャンディ役のレオナルド・ディカプリオは相変わらず童顔だが、今回は完全な悪役で、上記二人はどちらかと言えば地味な俳優だが、やはり彼にはひときわ華がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。