スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★カポーティ CAPOTE

CAPOTEカポーティ

 ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り拓いたと言われるトルーマン・カポーティの傑作『冷血』、その完成までの道のりを描き出した伝記ドラマ。一家4人惨殺事件の詳細を本にすることで新たな成功を目論むカポーティと彼の取材に協力する犯人との屈折した関係が生々しく綴られる。カポーティの複雑な人物像を巧みに演じきったフィリップ・シーモア・ホフマンはその演技が絶賛され、アカデミー主演男優賞をはじめ数々の映画賞を獲得した。監督はデビュー2作目の新鋭ベネット・ミラー。
 1959年11月15日、カンザス州ののどかな田舎町で一家4人惨殺事件が発生する。翌日、ニューヨークでこの事件を知った作家カポーティは、これを作品にしようと思い立ち、すぐさま現地へと取材に向かう。同行した幼なじみのネルと共に事件現場や関係者を訪ねて回るカポーティ。やがて2人の容疑者が逮捕されると、カポーティは彼らへの接近を試み、その一人ペリー・スミスの不思議な魅力に創作意欲を刺激される。そして、ペリーとの面会を重ねる中で次第に彼の信頼を得ていくカポーティだったが…。



引用文の通り、作家トルーマン・カポーティの伝記映画だが、あのオードリー・ヘップバーン主演の往年の大ヒット映画「ティファニーで朝食を」の作者であることをご存知の方はそれほど多くないのではないだろうか。
この映画の中でもその「ティファニーで朝食を」を書いたときのことを話すシーンも盛り込まれている。
トルーマンを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンはやはりアカデミー主演男優賞も獲ったんだな。
この映画をWIKIで調べてみてはじめて知ったがやはりこの人の個性はすごい。
たぶん、あの時代では珍しい「オカマ」だったんじゃないかなって思える。

映画を観ている人に対してもそうだけど、ストーリー中でも受刑者や友人との会話で虚飾の自分を演ずる演技をしている「演技の上塗り」部分もある。それがとても自然でわざとらしいところが一切無い演技なので、いったい本当なのはどっちなのだろうかと、観てるこちら側も考えさせられてしまうという「狙い」にまんまと嵌ってしまう。

この映画を観ながら毎日床に就いていたが、いつも途中でなぜか眠くなってそのまま寝ちゃうんだよね。
でも続きがどうしても観たくなる変な映画だった。
前後の脈略がわかる部分までシーンを戻して、再スタートを繰り返して観終わるまでかれこれ4日も掛かった。

いい映画だったという印象はあまり無い。
だが、なんだか不思議な感覚が残る映画だった。

受刑者の友人として、あるいはただ小説を書くためのビジネス的な取材相手としての関係、そのあたりのバランスの崩れと心の葛藤が、この映画の見所だと思う。
特に受刑者の姉に取材した後に受刑者に会うトルーマンの絶妙な距離感の演技が見事だった。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。