スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ヘッドハンター Hodejegerne

headhunter1.jpg


ロジャー(アクセル・へニー)は成功したヘッドハンター。ギャラリー・オーナーである美しい妻ダイアナ(シヌーヴ・マコディ・ルンド)がいて、高価な別荘も持っている。同時に、その高級な暮らしを維持していくため美術品泥棒もしている。ロジャーは、貴重な絵画を所有している電子工学ビジネスのエクゼクティヴであるクラス・グレブ(ニコライ・コスター)を次のターゲットに定めた。グレーヴェが持っている美術品で自分が抱えている経済的不安を取り除けると踏んでいたのだ。しかし、グレブの家へ押し入ったとき、ロジャーは自分の人生が決定的に変わってしまう何かを見つけてしまう……。



もしかしたらノルウェー映画を観たのは初めてかもしれない。
「Hodejegerne」という原題。「HEAD HUNTER」 (邦題:ヘッドハンター)

とにかくものすごく面白い映画だった。
ハラハラ感がハンパ無い。
秀逸なストーリー&脚本である。

ヘッドハンターは表向き、本当は明日の暮らしもギリギリな借金まみれの名画泥棒が主役の男である。
想像もつかない逃亡劇&リベンジもので、そんなアクションシーンもふんだんで、しかも微妙な夫婦間の葛藤劇までしっかり描いている。
アメリカ映画的なヒーロー気取りの主役ではなく、身長も168センチと低く、コンプレックスも嫉妬心も普通に持ち、浮気もするが妻をこよなく愛する男が主役であるところがまたすごくいい。

「評判が上がれば、価値は跳ね上がる」 このセリフがこの映画の最後のキーワードかな。

僕の大好きな「どんでん返し」があるお勧め映画である。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。