スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マチェーテ Machete 

machete.jpg

2010年9月3日に公開されたアメリカ映画:メキシコの連邦捜査官のマチェーテ(ダニー・トレホ)は、マチェーテ(西洋ナタ)を愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。
それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン(ロバート・デ・ニーロ)議員の暗殺を依頼される。



理屈抜きで超面白い。

今まで脇役を演じてきたダニー・トレホの初主演映画である。

こんな武骨でずんぐりむっくりした体形でロン毛、超デカいアバタ顔の男が主演である。
そういう面で、とてもハードな銃撃と斬殺シーンだらけの作品でも、コミカルに面白おかしく見れてしまったから不思議だ。
ついこの間観た、タランティーノ監督の「ジャンゴ」のようなお決まりの西部劇のような単純明快なストーリーで、頭を使わず、気軽に見れたのもよかった。

ロバート・デ・ニーロ、スティーブン・セガールなど、主役級の顔ぶれがわかりやすい完全な悪役と言うのも逆によかった。
ただスティーブン・セガールの日本好きも、またもやちょっと度が過ぎる感じで、はなはだウザイ。
戦いのシーンは赤い日本刀を抜き、マチェーテに殺られる最後のシーンは、ご丁寧にハラキリまで演じている。
ホント、いつまでたっても演技が下手で、ヅラの違和感もあるが、もうそれが持ち味なのかもね。

そのかわり、ジェシカ・アルバやミシェル・ロドリゲス、その他出演する女性陣はみんなとてもきれいで、まるでプレイメイトたちを見ているかのようである。

ジェシカなんか最高に可愛い。最後のシーンを上の写真に載っけてみた。
マチェーテとバイクの上で何回もキスをするんだけど、顔の大きさの違いがものすごいでしょ。遠近感がおかしくなりそうだ。
相当な違和感の中で撮影をこなしたと思うけど、すごく可愛いシーンだった。

マチェーテがプールで二人の裸の女性と戯れながらかわるがわるキスするシーンは、彼の映画人生の中でも初体験だったと思う。

とても羨ましいシーンだった。

お勧めの映画である。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
155位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。