スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★オール・ユー・ニード・イズ・キル

edge of tomorrow16

2014年7月4日(金)公開

【作品情報】
桜坂洋のライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、謎の侵略者との戦闘に挑んでは戦死するという不条理な世界に囚われ、同じ出来事を永遠に繰り返す男が同じ境遇にいる女性兵士と出会い、現状を打破しようと奮闘する姿が描かれる。監督を務めるのは『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン。

【ストーリー】
近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに巻き込まれていた。幾度となく出撃と戦闘、死を繰り返すうちに、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)が彼と同様にタイムループに巻き込まれていることを知る。戦いを繰り返しながら少佐は戦闘技術を磨いていき、二人はこのタイムループから抜け出す糸口を探る……。

edge of tomorrow11


【作品データ】
原題 EDGE OF TOMORROW
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 113分

【スタッフ】
監督 ダグ・リーマン
脚本 クリストファー・マッカリー 、 ジェズ・バターワース 、 ジョン=ヘンリー・バターワース
原案 桜坂洋

【キャスト】
ウィリアム・ケイジ少佐:  トム・クルーズ
リタ・ヴラタスキ:  エミリー・ブラント
ファレウ曹長:  ビル・パクストン
グリフ:  キック・ガリー
クンツ:  ドラゴミール・ムルジッチ
ナンス: シャーロット・ライリー
スキナー:  ジャナス・アームストロング
フォード:  フランツ・ドラメ
ブリガム将軍:  ブレンダン・グリーソン



edge of tomorrow07


【マイレビュー】
原作のことはよく知らなかったがこのストーリーが日本人の桜坂洋さんという作家のものだとエンドロールで出たときは「オッ!」と思った。
やはり細かな筋書きが日本人っぽい。
何度も失敗を繰り返し、その経験をバネに一つ一つの技術をコツコツと積み上げていく様は本当に日本人の気質そのものだったように思う。


edge of tomorrow08


観る前まではエイリアンとの単純な戦闘モノだと思って観ていたがそうじゃなかった。
タイムループを絡めたロールプレイングを繰り返すことによるソルジャー養成&ラスボス対決&地球を救う系ストーリーだった。このほぼ100回を超える訓練タイムループのたびにいちいち”死ぬほどの痛み”を伴うトム・クルーズに同情してしまったりもした(笑)。

さらにトム・クルーズ映画としては珍しくいきなり”腰抜けで兵士に向かない軟派”な役柄だったことがすこし好感が持てた。


edge of tomorrow04


エミリー・ブラントがこんなアクションものをこなすとは恐れ入った。どちらかと言えば「スカートを履いた」役柄が多いイメージだ。
男勝りにサバサバとしていて頼りがいがあるのだが魅力的な戦士だった。単純にセクシーな役なら誰でもできるが、こういう体を張った難しい役をとても自然に演じていたと思う。ますますファンになった。


edge of tomorrow03


VFX技術も編集技術の高さも申し分ない。
ノルマンディー上陸作戦の再現のような設定もよかった。いま話題の”ドローン”のような戦闘ヘリがビッシリ空を埋め尽くすシーン。

また、何度も繰り返すタイムループをどう表現するかでこの映画の良し悪しが決まる。
ループごと複数パターンの撮影もかなりややこしかっただろう。本来とても分かりづらいデジャブ的表現やソルジャーとしてのレベルアップをとてもうまく表現できていたと思う。

ヘルメットを被っている間の今までとは違うズッコケのトム・クルーズも是非観ていただきたい。
いつまでたっても彼は若い。そう感じた。


edge of tomorrow01


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。