スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲バトルシップ

battleship02.jpg

MovieWalkerより抜粋
2012年4月13日(金)公開

【作品情報】
ユニバーサル映画100周年を記念して製作されたアクション巨編。超好戦的なエイリアンを相手に、人類の存亡をかけた闘いを迫真の海戦シーン満載で描く。監督は『ハンコック』のピーター・バーグ。『マイティ・ソー』でハリウッド進出を果たした浅野忠信が、自衛艦のカリスマ指揮官という重要な役どころで出演している。

【ストーリー】
ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか。

battleship01.jpg

【作品データ】
原題 Battleship
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 130分

【スタッフ】
監督:  ピーター・バーグ
脚本:  ジョン・ホーバー 、 エリック・ホーバー 、 ブライアン・コペルマン 、 デイヴィッド・レヴィーン

【キャスト】
アレックス・ホッパー中尉:  テイラー・キッチュ
サマンサ:  ブルックリン・デッカー
ストーン・ホッパー:  アレキサンダー・スカルスガルド
レイクス:  リアーナ
ナガタ:  浅野忠信
シェーン提督:  リーアム・ニーソン




battleship07.jpg


【マイレビュー】
う~ん、本当はあまりレビューしたくない映画だったのだが、浅野忠信の好演で従来の ”アメリカ単独ヒーロー型地球救出ストーリーというワンパターンの回避”ができたという点を最大限に評価して『イマイチ』▲とする。


battleship03.jpg


エイリアンとの戦闘モノというごくありふれたアメリカン映画の中では珍しく、戦場が「海上」だった。
エイリアンと飛行物体と合同軍事演習艦隊、あとは海だけであり、地上の余計なデティールを描く必要なかったこともあってか、ミサイル撃ち放題でのびのびとバトルシーンが展開された。

ただしCGやVFX技術は相当高い。
人工衛星とぶつかって壊れた宇宙船の残骸が香港に落下するシーンはとても迫力があった。そのへんはまったく妥協がなく良かった。


battleship05.jpg


CGやVFXを駆使した特撮的な映像面ではまったく文句はないが、そこに力を注ぎすぎてストーリーがスカスカで何の深みもない。

エイリアンとの話し合いの機会もなく、目的も分からないのに”戦闘ありき”で物事が進み、ただ戦艦を繰り出して犠牲を出し、憎しみも生まれて互いに入り乱れて攻撃しあうだけの幼稚なストーリーだった。日本の戦略が功を奏す場面だけは良かったが・・・。
小中学生まではこれで満足するかもしれないが殆どのビューワーは絶対に満足しないと思う。


battleship04.jpg



BATTLESHIPと言うゲームがあるらしいが、それになぞられて作られているのだろうか。
僕はゲーマーじゃないから、ただ迫力があればいいってもんじゃないし、大砲や銃を撃って敵を攻撃し、ミサイルで爆撃し、すべてを破壊すればスッキリするわけでもない。

僕にとってはあの宇宙人の真の目的を知らずして、”地球を守った気取り”がいささか鼻につく映画だった。
ブログで紹介する映画としては僕評価で『秀逸とはいいきれない作品』となるが、観る人によっては大迫力のために満点を付ける人もいる賛否両論映画だと思う。



battleship06.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
169位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。