スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★オーバー・ザ・トップ

over the top01

1987年2月14日(土)公開

【作品情報】
愛する息子のために腕相撲(アーム・レスリング)大会のチャンピオンを目ざすトラッカーを描く。製作・監督は「デルタ・フォース」のメナヘム・ゴーラン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー、脚本は主演のシルヴェスター・スタローンとスターリング・シリファントの共同執筆、撮影はニック・マクリーンが担当。出演はスタローン、デイヴィッド・メンデンホール、ロバート・ロッジア、スーザン・ブレイクリーほか。

【ストーリー】
リンカーン・ホーク(シルヴェスター・スタローン)は放浪のコンボイ・トラッカー。彼は10年前、義父ジェイソン(ロバート・ロッジア)との確執から追い出されるように家を出た。彼の心には常に妻クリスティーナ(スーザン・ブレイクリー)と息子マイケル(デイヴィッド・メンデンホール)の姿が焼き付いている。行く先々で得意のアームレスリングの賭けゲームに熱中するだけが、彼の孤独をまぎらわす唯一の手段だった。そのホークが陸軍幼年学校を卒業した12歳になるマイケルをトラックで迎えに行った。クリスティーナが重病で入院し、彼女のたっての願いでマイケルとともに病院に来てほしいというのだ。マイケルは教養もなく野卑な父に拒否反応を示し、なつかない。アームレスリングで圧倒的な強さを誇る父を見、ラスヴェガスの世界大会で優勝して、その賞金でトラック会社を設立、親子3人で暮らす夢を話す父に、徐々に心を開いていったのだが・・・。

over the top02

【作品データ】
原題 Over the Top
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 94分

【スタッフ】
監督 メナヘム・ゴーラン
脚本 シルヴェスター・スタローン 、 スターリング・シリファント
原作 ゲイリー・コンウェー 、 デイヴィッド・エンゲルバック

【キャスト】
Lincoln_Hawk シルヴェスター・スタローン
Michael_Cutler デイヴィッド・メンデンホール
Jason_Cutler ロバート・ロギア
Christine スーザン・ブレイクリー
Ruker テリー・ファンク




over the top05


【マイレビュー】

今観てみると後々にこの映画をパクったような筋書きの映画は世の中に腐るほどあるのに気付く。
この映画さえ本当は”パクリ側”の映画だったのかもしれないが、アメリカンドリームと親子の愛情をつなぎ合わせたような脚本はいつの時代もウケがいいのだろう。
「リアル・スティール」なんかはまさにそう。
すこし時代の流れを受けて、アームレスリングが最新鋭の超合金ロボットに取って代わってはいるが、まさに同じような筋書きドラマである。アメリカ人は好きなんだな、こういうのが。


この映画ではスタローンがかなりいい芝居をしているのに感心してしまった(笑)。
子供に対する愛情がハンパ無いほど伝わってくる。
「ランボー」のソルジャー役や「ロッキー」のボクサー役などに比べ、セリフも多いし表情も豊かで、彼がこんないい役者だったとは逆に驚きだった。それに筋肉も顔も若いしツヤがいい(笑)


over the top03


思い出の映画

1987年、僕は27歳で赴任4年目の岐阜にいた。彼女は当時まだ20歳だった。

この映画はその彼女とはじめてのデートで観た思い出の映画だ。映画館は柳ケ瀬東通りの近鉄百貨店に併設されたような小さな映画館だった。たしか「クロコダイル・ダンディー」と二本立てで観た映画だ。
映画の内容は殆ど記憶していなかったのだが、この映画のシチュエーションとはまったく違う意味で彼女の手を強く握り締めた記憶だけはしっかり残っている。
「オーバー・ザ・トップ・・・」とふざけながら。
...................

彼女のことをどうしようもなく好きだった。それまでそんなに愛した人はいなかったと思う。
誘ったのは僕だし、好きになったのも僕のほうだ。

だが決して許されない恋だった。
彼女をとても傷つけてしまった。結局は別れるしかなかった。

彼女は今も覚えているだろうか。
ほろ苦い思い出ばかりじゃなかったけど、あの日々を後悔してはいないだろうか。



今この映画を過大評価するつもりはないのだが、僕の「思い出加点」をさせてもらい、結果★星ひとつ!


over the top04


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。