スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●レッスン!

Take the Lead11

MovieWalkerより
2007年7月14日(土)公開

【作品情報】
NYのスラム街の学校で芽生えたという実話に基づく青春ドラマ。アントニオ・バンデラスがヒップホップ好きの落ちこぼれ生徒相手に奮闘する社交ダンサーを熱演!

【ストーリー】
ニューヨーク、スラム街。社交ダンス教室を経営し、自分も社交ダンサーであるピエール・デュレイン(アントニオ・バンデラス)はある日路地裏に止められていた車をめちゃくちゃに破壊し、逃げ去る高校生ロック(ロブ・ブラウン)に遭遇する。翌日、ピエールは問題児が多いことで有名な高校に赴き、ジェムス校長(アルフレ・ウッダード)に社交ダンスを教えることにより生徒達の更正に貢献したいと申し出る。その日から教室に通い、ピエールはHIP HOPしか知らない生徒たちに社交ダンス音楽とそのステップを教えようとする。彼が本当に伝えたかったのは、社交ダンスを踊るのに必要な、相手を尊重する気持ち。誰も耳を傾けてくれなかった自分達の悩みに親身になってくれるピエールに、生徒たちは徐々に心を開き始める。

Take the Lead01

【作品データ】
原題 Take the Lead
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 117分

【スタッフ】
監督 リズ・フリードランダー
脚本 ダイアン・ヒューストン
製作 ディアーヌ・ナバトフ 、 クリストファー・ゴドシック
音楽 アーロン・ジグマン 、 スウィズ・ビーツ

【キャスト】
ピエル・デュレイン:  アントニオ・バンデラス
ロック:  ロブ・ブラウン
ロレッタ:  ヤヤ・ダコスタ
オガスティン・ジェムス校長:  アルフレ・ウッダード
モガン:  カティア・ヴァーシラス
ラモス:  ダンテ・バスコ
エディ:  マーカス・T・ボールク
サシャ:  ジェナ・ディーワン
ティナ:  ローラ・ベナンティ



Take the Lead02


【マイレビュー】

いかした名セリフが満載だった。
実話で、この主人公の臨時講師ピエル・デュレイン氏は現役ダンス講師として健在である。
アメリカではこの映画をきっかけに ”社交ダンスがハイスクールでの修得科目になった” とのことだ。


ダンス講師のピエル・デュレイン氏を「アントニオ・バンデラス」が演じ、それがとてもはまり役だった。
若者にはキザっぽくてクサくてダサいセリフでも、彼にはサラッと言えてしまうような優雅さがあったし、彼のダンスの技術も高く、相当な練習を積んで臨んだ成果だと思う。

社交ダンスでは 「リードする男性と応じる女性の互いの信頼関係こそが大事だ」 と言う。
男性は女性を支配するのではない。互いの尊重だという。
片や若者は「そんなキザなやり取りは必要ねえ。押し倒してやっちまうだけよ」と反発をする。それに対する彼ピエル・デュレインの ”返し” のセリフが最高にイカしている。


落ちこぼれだけの放課後の居残り組に社交ダンスを教える臨時講師と生徒の成長物語である。
実話をモチーフにしていて、ヨーロッパ古来からの伝統ある社交ダンスとヒップホップ好きな若者たちの文化が融合したとても夢のある作品になっている。


Take the Lead10


僕の感想としては、コンテストに挑む練習までの経過はとても良かったと思う。
彼らの希望や目標意識の芽生え、古い文化を受け入れたり、女性を大切に扱う心の変化がとても好ましく、それに期待を込めて観られた。
だだラストのコンテストシーンだけはちょっと「やりすぎ」だったような気がする。
書けるのはここまでだが、観る人によって変わってくると思うので、落ちこぼれのメンバーだった彼らの希望を描いた成長記録のパターンとしてご覧いただけたらと思う。


類似作品としては僕のブログにもあるが、「ロック・ミー・ハムレット」「スクール・オブ・ロック」だろう。

リンクをつけたのでそちらも関連作品として紹介しておこう。


Take the Lead15



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
169位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。