スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲キャリー

carrie21.jpg

2013年11月8日(金)公開

【作品情報】
スティーブン・キングの同名小説を鬼才、ブライアン・デ・パルマ監督が映画化するや、話題を呼んだ76年製作の傑作ホラーをクロエ・グレース・モレッツ主演でリメイク。監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアース。

【ストーリー】
キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)は地味で内気、冴えない高校生で、学校では笑い者にされていた。家庭でも狂信的な母(ジュリアン・ムーア)に厳しく監視され、幸せとはいえない、孤独で鬱屈とした日々を送っている。ある日、キャリーへのいじめ事件をきっかけに、女子に人気の男子生徒トミー(アンセル・エルゴート)と、プロムパーティーに参加することになる。キャリーは母親の反対を押し切り、手作りのドレスに身を包み、パーティーへ出かける。

carrie04.jpg

【作品データ】
原題 Carrie
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 100分

【スタッフ】
監督 キンバリー・ピアース
脚本 ローレンス・D・コーエン 、 ロベルト・アギーレ=サカサ
原作 スティーヴン・キング

【キャスト】
キャリー・ホワイト:  クロエ・グレース・モレッツ
マーガレット・ホワイト:   ジュリアン・ムーア
リタ・デジャルダン先生:  ジュディー・グリア
クリス・ハーゲンセン:  ポーシャ・ダブルデイ
ビリー・ノーラン:  アレックス・ラッセル
スー・スネル:  ガブリエラ・ワイルド
トミー・ロス:  アンセル・エルゴート



carrie02.jpg


【マイレビュー】

今日の格言:  「主演女優が綺麗で可愛いとホラー映画も怖くない」 

あとで話すが、恐怖映画のトラウマを抱えたこんな僕に最後までしっかり観られてしまったっていうことだけでホラー映画としては ”失格” である。

クロエ・グレース・モレッツは子役のころから活躍している女優さんで最近は本当に綺麗になった。
現在まだ18歳である。
『キックアス』シリーズで多分当初は12~13歳でヒット・ガールを演じ、超有名になった。

そんなクロエ・グレース・モレッツが大量の豚の血を浴びてもなお可愛さが勝ってしまう映画だったので観れたってことだ。

76年の「キャリー」のほうが遥かに怖いはずだ。だってその『キャリー』は主演女優が本当に薄気味悪くて表情が引きつっていて、薄幸そうで・・、そんな感じがとにかく恐くてやはり当時は観れなかった。


carrie08.jpg


2013年「キャリー」では、同級生のいじめの質がすこし違って、スマホで動画を撮ってYouTubeにアップしたりと、ストーリー的には現代版になっていた。現代のほうがたとえイジメにおいても拡散スピードがハンパ無く早いのがわかる。

ストーリー的には決して怖いと言う映画だけでは無かった。
狂信的な母親に育てられたいじめられっ子の可哀想な女の子の物語だった。ストーリーは本当に単純なので決してわかりにくい映画ではない。性格が悪く自業自得ないじめっ子の女の腹いせのせいですべての人間がキャリーの怒りの渦に巻き込まれる。


carrie03.jpg

~僕はホラ-が大嫌い~

これから書くことを読んでいただければ僕は決してホラー映画好きの人たちをバカにしているわけでも、もちろん軽蔑しているものではないことをご理解いただけると思う。

僕は「ホラー嫌い」「オカルト嫌い」「ゾンビ嫌い」であることを隠していない。「恐いから」という理由にしているが、ニュアンス的には本当はちょっと違う。”映画館にさえ行かなければ” 僕は殆どのホラー映画はちゃんと観れるし、冷静に評価もできる。

”あの映画” 以外なら全部観れるのだ。


carrie09.jpg


今から40年以上前、中学1年生ぐらいのときだった。
近くのつつじ公園に頻繁に出る変態おじさん以外に僕には怖いものなど何も無かった。

ある日曜日、女子を含む同級生5人とその夏封切になったばかりの話題騒然のオカルト映画を観にいった。グループデートみたいなものだ。

映画がはじまり僕が観れたのは最初の15分程度だけ。僕はひとり耳をふさぎ目を固く閉じて永遠かと思うようなとてつもない長い2時間をそのシートで過ごした。

どちらかと言えば僕の誘いで実現した女子との恐怖映画鑑賞会だったが、映画館を出た後にも残る僕の不自然な態度はみんなわかっていて、僕は好きだった女子にも笑われてしまった。

いくら耳を塞いでも音声は漏れて聞こえてくる。
僕は13年間弱で過去最大の恐怖を我慢しつつ、強がりでシートを立つことも出来ず拘束されたような気持ちだった。僕のシートは汗でグショグショだったと思う。
それが完全なトラウマとなった。
いや、トラウマというより40年以上も経って現在に至るわけだから「トラウマ」というよりも「PTSD」のほうが遥かに近い。


carrie05.jpg


『エクソシスト』

今でもこのタイトルを見たり聞いたり、こうしてキーボードを打って文字にするだけでも恐い。
映画はリンダ・ブレア演じたリーガンがベッドで白目を剥くまでの15分程度の時間しか観ていない。あとは友達の話でしか知らない。主役の「リンダ・ブレア」なんて女優の名前は普通みんな忘れていると思うけど、僕は役名の「リーガン」だって頭を離れたことが無い。

その後40年を生きてきて何度かこの映画のワンカットが不意に目に飛び込んできてしまうこともあった。そんなときも瞬時に目を塞ぎチャンネルを変える癖がついている。
あの何拍子かもわからないオルゴールのような主題曲もそうだ。まったく関係ないバラエティーとかドラマの中でチョロっと流れるだけでも恐怖が蘇える。

妻には協力してもらわなければならない場合もあるのでそのトラウマのことはちゃんと話してある。
「大袈裟、もう大丈夫よ~」と妻は本当に可笑しそうにケラケラと笑うが、いや、まだだ。

そろそろこのトラウマとその後のPTSDも終わりにしなきゃいけないなと思う。今回そのトラウマを僕は初めて妻以外にこうして口外することにした。

一般的にトラウマというものは「逆療法以外では治せない」と僕は思っている。
すなわち僕は僕自身のホラー嫌いのルーツとなった恥辱的ともいえる過去経験を広く打ち明けることによって40年越しであの恐怖に立ち向かいトラウマを克服しようとしているのである。

ものすごく勇気がいる。
だけどいきなりラスボスには立ち向かえない。まずはこうして冒険の書をつくることから。





carrie07.jpg


だからその手始めにちょうど同時期に流行っていた恐怖映画、76年の「キャリー」のリブート作品であるこの2013年「キャリー」を観てみたということだ。

やっぱりクロエ・モレッツという役者を知っていて、色んな役柄の作品を観ているからだろう。なんかすでに情が移ってしまった女優さんっていう感じがして親近感があるため怖くないんだろうと自己分析したのだが・・・。


クロエ・モレッツは可愛くて親近感があるのは確かだが、もし彼女が「キャリー」じゃなくて「エクソシスト」の「リーガン」役をやったとしたらどうだろう。・・・やっぱりまだ今の僕には観れないんじゃないかな。


carrie01.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。