スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★友よ、さらばと言おう / MEA CULPA

友よさらばと言おう07

MovieWalkerより抜粋
2014年8月1日(金)公開

【作品情報】
デビュー作『すべて彼女のために』がハリウッドでリメイクされるなど、注目を浴びているフランスの俊英、フレッド・カヴァイエ監督によるクライム・アクション。殺しの現場を目撃しマフィアに命を狙われた息子を救うべく戦う父と、かつての相棒の刑事との友情を描く。カヴァイエ監督の過去作で主演を務めたヴァンサン・ランドンとジル・ルルーシュがコンビを組む。

【ストーリー】
南フランスの港町トゥーロン。ある日、任務終了を祝って羽目を外した親友同士の刑事、シモン(ヴァンサン・ランドン)とフランク(ジル・ルルーシュ)は、同じ車で帰宅する途中に激突事故を起こしてしまう。幼い子供を含む3人の命が奪われ、運転席で重傷を負ったシモンは、飲酒運転が発覚して警察を懲戒免職。刑務所送りに……。6年後。刑務所を出たものの、罪の意識から逃れられないシモンは、妻のアリス(ナディーン・ラバキー)と離婚。自堕落な生活を送り、9歳の息子テオ(マックス・ベセット・ド・マルグレーヴ)に対しても父親らしい役割を果たせずにいた。刑事を続けているフランクが何かと気遣うが、シモンは心を閉ざしたまま。そんなある日フランクが連続殺人事件の捜査を担当することになる。一方シモンの息子のテオは母親達と一緒に行った闘牛場の人気のない死角でマフィアが報復殺人を行なう現場を偶然目撃してしまう。

友よさらばと言おう17


【作品データ】
原題 MEA CULPA
製作年 2014年
製作国 フランス
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 90分

【スタッフ】
監督 フレッド・カヴァイエ
脚本 フレッド・カヴァイエ 、 ギョーム・ルマン
製作総指揮 ダビ・ジョルダーノ

【キャスト】
シモン ヴァンサン・ランドン
フランク ジル・ルルーシュ
アリス ナディーン・ラバキー
テオ マックス・ベセット・ド・マルグレーヴ
牧師 ジル・コーエン
ミラン ヴェリボール・トピッチ
ジャン=マルク シリル・ルコント



友よさらばと言おう09


【マイレビュー】
フランス映画独特のセリフ少な目、絶妙な表情で感情表現する映像感覚がとてもシビれる映画だった。親子のゆるぎない愛情、夫婦の絆、そして同僚との友情が絡み合うストーリーは秀逸だった。

撮影技法がとにかく多彩で、ボカシをとても上手く使っているように僕は感じた。惹きつけ方がうまいと言うか。
そのために見逃すまいと最後まで一気に食い入るように見入ってしまった。
ある程度の状況がつかめるまでに時間がかかるが、良い映画かどうかは最初の5分でわかると思う。


友よさらばと言おう01

ただ難点を言えば、10歳の子供の父親にしては主役のシモン(ヴァンサン・ランドン=上の写真右)はちょっと見た目も老け過ぎだと思う。フランス映画によくみられる傾向でもあるが、国として晩婚化が進んじゃっているのか、もしくはフランス映画界としてベテラン俳優に気を使いすぎているように思うが、皆さんはどう思うだろう。

ただ黙々としているため皺に刻まれた悲哀とか、かえってとても良く伝わってくるのだが、格闘シーンでは息が上がることも多く、体力面からも大丈夫かと観ているだけでも心配になる。とっくにやられちゃっていてもおかしくないほどだ(笑)


友よさらばと言おう11


また、特筆すべきは世界的に有名な超高速列車「TGV」を使っていることだ。日本だったら新幹線だし、撮影許可は下りないだろうし、なかなか難しいはずだ。

現在はTGVが走る路線は数多く新設されたそうだが、当初はパリ駅から出発してスイスのリヨン駅までだった。新幹線以上の速度を記録したことで世界的に有名になった超特急である。そんなフランスの権威でもあるTGVの車内での銃撃戦など迫力ある映像は必見。フランス政府ぐるみでTGVまで止めちゃって協力体制をとっているのが凄い。まあ本当に止めたりしてはいないだろうけど。


友よさらばと言おう13


原題の「MEA CULPA」とは「罪は私にあります」とか「私が悪いのです」という意味だそうだ。その原題の理由はラストまでご覧いただければわかるだろう。
悲しくもあり、むなしくもあり、無常でもあるこんな映画の雰囲気はやはりフランス映画ならではだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。