スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●シザーハンズ

scissorhands09.jpg

MovieWalkerより抜粋
1991年7月13日(土)公開

【作品情報】
両手がハサミの人造人間が街で巻き起こす騒動と、彼と少女との恋を描くSFフアンタジー。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ハシモト、製作はデニーズ・ディ・ノヴィと監督も兼ねる「バットマン(1989)」のティム・バートン、バートンとキャロライン・トンプソンの原案をトンプソンか脚本に執筆、撮影はステファン・チャプスキー、音楽はリチャード・エルフマンが担当。出例はジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか。

【ストーリー】
山の上の屋敷に老発明家(ヴィンセント・プライス)が住んでいた。彼は人間を作るのにも成功し、その人造人間はエドワード(ジョニー・デップ)といって、両手はハサミだった…。
ペグ・ボックス(ダイアン・ウィースト)は化粧品のセールスレディでその日は新規開拓に山の上の屋敷を訪ねてみることにした。そこで出会った両手がハサミのエドワードを途端に気に入り、家へ連れ帰る。娘のキム(ウィノナ・ライダー)の写真を見てエドワードは一目ぼれしてしまう。数日間ハサミのせいで失敗続きの生活だったが、ある時エドワードはボックス家の庭木を美しく動物の形に刈り取る。それが近所でも評判になり、近所の犬の毛や、奥さん連中の髪もモダンにカットするようになりエドワードは近所の人気者になる。キャンプに行って不在だったキムが家に帰って来るが・・・。

scissorhands08.jpg


【作品データ】
原題 Edward Scissorhands
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

【スタッフ】
監督 ティム・バートン
脚本 キャロライン・トンプソン
原案 ティム・バートン 、 キャロライン・トンプソン

【キャスト】
Edward_Scissorhands:  ジョニー・デップ
Kim:  ウィノナ・ライダー
Peg:  ダイアン・ウィースト
Jim:  アンソニー・マイケル・ホール
Joyce:  キャシー・ベイカー
The_Inventer:  ヴィンセント・プライス
Bill:  アラン・アーキン



scissorhands03.jpg


【マイレビュー】
初めて最後まで観た。
あまりこの手の非現実的ファンタジック作品には興味が無く、観る事はほとんど無いままだった。この作品が最後まで観れたのはとにかく原色などの色使いが見事だったこと。それに若かりし頃のウィノナ・ライダーが本当に可愛かったことぐらいだった。シザーハンズのエドワード役がジョニー・デップだったってことも、つい最近友人から聞いて知ったぐらいだ。


scissorhands07.jpg


この映画のヒットからぐらいだろうか、ビジュアル系バンドが出てきたのは。
コスプレなんかも多分同時期から生まれた文化じゃないかなと思う。キーワードタグを『シザーハンズ』で画像をググッてみるといろんな奴らがジョニー・デップに憧れているのがわかる。ものすごい数のシザー・ハンズなりきり野郎どもだ。

そういう意味ではこんなオドオドした感じのシザーハンズの人気がそのような新文化を浸透させたのだろうと思うと映画の影響って本当に凄いと思う。
髪形にしてもそう、それまできっちりとした真ん中分けの男子から、四方八方に跳ね上げて固めるような髪形が流行りだしたのもこの映画とリンクしているように思う。
ジョニー・デップが若者に人気があるのも良くわかる気がする。決して凄く男前ってほどじゃないんだけど彼独特の「カリスマ性」なのだろう。


scissorhands05.jpg


『触るものすべてを傷つけ壊してしまう。大好きな人を抱きしめることも出来ないそんな苦しい宿命のシザーハンズが出来ることはただ一つ、愛する人を守ることだけなのだ・・・・』
・・・・とまあ、彼目線で言えば要約するとそういうストーリーなのだが、実にファンタジック且つコメディータッチに描かれている。

scissorhands01.jpg


思いやりに満ちた優しいお母さん代わりのペグ(ダイアン・ウィースト)、
冷静に事の善悪や道徳を教えようとする親父さんのビル(アラン・アーキン)、
人のゴシップが大好きなだけの淫乱有閑マダムのジョイス(キャシー・ベイカー)ら近所の奥さん連中とか、
嫉妬に狂いすぎのボーイフレンドのジム(アンソニー・マイケル・ホール)、ちなみに「バックトゥーザフューチャー」で言えば『ビフ』のような存在、
普通は顔中傷だらけで血色も悪く、しかも”手がハサミ”の人を好きになることは100%無いが、お約束どおりエドワードに惚れるキム(ウィノナ・ライダー)。

強引ともいえるその配役と展開構成においてはファンタジー映画のセオリーであり逆に文句のつけようが無い。


scissorhands10.jpg


当初監督のティム・バートンはシザーハンズのエドワード役を「トム・クルーズ」にオファーしたらしいのだが、トムは「ハッピー・エンドじゃなければ出ないよ、僕は」と暗にストーリーを変えろとほのめかしたらしいのだが、あえてティム・バートンは変えなかったらしい。そこで当時駆け出しのジョニー・デップに白羽の矢を立てたのである。この作品が出世作になった「ジョニー・デップ」だが、本当はトム・クルーズのおかげだったって話もウィキに載っていたのでエピソードのひとつに付け加えておこう。
運命とか偶然ってほんと馬鹿に出来ないよね。チャンスはタイミングである。


scissorhands06.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。