スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★コラテラル

collateral09.jpg

MovieWalkerより抜粋
2004年10月30日(土)公開

【作品情報】
トム・クルーズが、銀髪で非情なプロの殺し屋に扮した犯罪劇。夜の大都会で、偶然出会った殺し屋とタクシー運転手の葛藤と対決をスタイリッシュに映し出す。

【ストーリー】
マックス(ジェイミー・フォックス)は、ロサンゼルスのタクシー運転手として、真面目にごく平凡な日々を送ってきた。だが今夜、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性検事を客に乗せ、心のふれあいを感じたところから、彼の運命は変化し始める。次にマックスのタクシーを拾ったのは、ヴィンセント(トム・クルーズ)というプロの殺し屋だった。彼は麻薬取引に関わる組織からの依頼で、今夜5人の証人を殺害する任務を授かっていた。ヴィンセントに脅されて、一晩のドライバー役となるマックス。やがて麻薬捜査官のファニング(マーク・ラファロ)が捜査に動き出す。ヴィンセントは計画を一つずつ冷徹に完了させていくが、逆にマックスはビンセントの発する言葉や行動によって一つずつ勇気を手にしていく。

collateral03.jpg


【作品データ】
原題 Collateral
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 120分

【スタッフ】
監督 マイケル・マン
脚本 スチュアート・ビーティー
EP フランク・ダラボン 、 チャック・ラッセル 、 ロブ・フライド 、 ピーター・ジュウリアーノ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

【キャスト】
Vincent トム・クルーズ
Max ジェイミー・フォックス
Annie ジェイダ・ピンケット=スミス
Fanning マーク・ラファロ
Richard Weidner ピーター・バーグ
Pedrosa ブルース・マクギル



collateral02.jpg

【マイレビュー】
トム・クルーズがビンセントというプロの殺し屋役である。うん、こういう役も彼には似合っている。後半ちょっと「ターミネーター」化してしまったが。

でもさ、プロの殺し屋にしたらヘタクソ。
確かに銃の腕は抜群だが、隠密裏に実行すべきところ派手にやりすぎである。
何せとにかく銃を乱射する。殺し方が派手すぎてターゲット以外の取り巻き連中も巻き添えにし、しかも公共の場だったりするのでいたずらにパニックを誘発し、闇の仕事人なのに簡単に顔を見られてしまう。

2004年の映画だからまだ良いが、2014年でこんな殺し方をしてたら犯行の一部始終が防犯カメラに記録され、さらに見物人にYouTube動画にアップされるわ、LIVE中継されてしまうわで、結局すぐ捕まる。
したがって誰も彼を雇わないし、現代ではこの映画自体も成り立たない(笑)。

collateral07.jpg

タクシーの運転手マックスのジェイミー・フォックスがとてもいい味を出している。

作品的にはギャラも多いトム・クルーズの名前が上に来るがこの映画の主人公は何といってもジェイミー・フォックスだと思う。
いつもピカピカに磨いたタクシーで客を迎える。道の選択も完璧だ。
そういう運転手のプロ意識と真面目さが本当に垣間見えたし、ふとした何気ない表情さえも素晴らしい。

collateral05.jpg


そんなピカピカに磨いたタクシーの上にいきなり降ってきた死体をトランクに載せさせられ、ビンセント(トム)によって図らずも理不尽な人質状態になったタクシー運転手のマックスだったが、乗車中にビンセントが発した数々の真理を突く言葉によって、半ば諦め的な彼の生き方も変わり、将来にはきっと夢であるリムジン会社を成功させるに違いない。
そんな未来を展望できる作品だったと思う。

この映画自体、タイムスケジュール的にはほんの半日程度のストーリーなのだが、平凡な運転手が夕方から夜明けまでの間に見る見るたくましく変わっていくこういう役は本当に彼にピッタリ。キャスティングに拍手だ。


collateral06.jpg

空港で暗殺者リストの入った資料のカバンを渡すだけのチョイ役になんと「ジェイソン・ステイサム」が出ていた。
「トム、もしこの映画でコケたりしたら次はこのオレだよ」的なメッセージを込めたさりげない”脅迫”なのかも知れないな(笑)。確かにこの殺し屋ならジェイソン・ステイサムでもできる役である。


collateral01.jpg


「スタッフ」だがいつも僕のコラムでは主要メンバー以外は割愛しているが今回は載せておく。
「音楽」担当ジェームズ・ニュートン・ハワード。
彼のことは全く知らないが今度よく調べてみよう。
シーンに見事に合ったとてもセンスの良い音楽をいたるところでチョイスしている。
僕のコラムで「音楽」について言及するのはあまり例がないが、この映画はそれが際立ってよかったと思う。

追記:
ジェームズ・ニュートン・ハワードを調べたところものすごい数の映画音楽を手がけていてグラミー賞まで獲っている大御所だった。知らなかったとは恥ずかしい。
いやいや、気づかずに僕が観てきた映画も数多かった。
ってゆーか、僕のセンスフルな琴線に”やっと”触れてくれたんですね(笑)

collateral08.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。