スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★スリーデイズ

the next three days10

2011年9月23日(金)公開

【作品情報】
フランスのサスペンス映画『すべて彼女のために』を『クラッシュ』のポール・ハギス監督、ラッセル・クロウ主演でリメイク。無実の罪で投獄された妻を奪還すべく夫が企てた脱獄計画の行方を、緻密な脚本でスリルたっぷりに描く。米国最大の高層刑務所などロケ地ピッツバーグの特色を生かした、息もつかせぬアクションに注目だ。

【ストーリー】
ある朝、愛する妻子とともに幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)の家に警察が突入、殺人の容疑で妻のララ(エリザベス・バンクス)が逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。だが、裁判では彼女に不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪は確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こした妻をみてジョンはある決断を下す。「彼女の人生と家族の幸せを取り戻す」それは命を懸けた決断だった。

the next three days07

【作品データ】
原題 THE NEXT THREE DAYS
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 133分

【スタッフ】
監督 ポール・ハギス
脚本 ポール・ハギス
製作総指揮 アニエス・メントル 、 アンソニー・カタガス

【キャスト】
ジョン・ブレナン:  ラッセル・クロウ
ララ・ブレナン:  エリザベス・バンクス
ジョージ・ブレナン:  ブライアン・デネヒー
ナブルシ警部補:  レニー・ジェームズ
ニコール:  オリビア・ワイルド
ルーク:  タイ・シンプキンス
グレース・ブレナン:  ヘレン・ケアリー
デイモン・ペニントン:  リーアム・ニーソン
マイヤー・フィスク:  ダニエル・スターン
ムース:  The RZA
アレックス:  ケヴィン・コーリガン
ハリス巡査部長:  アラン・スティール



the next three days06

【マイレビュー】
ポール・ハギス監督作品でもあり、あのアカデミー賞の『クラッシュ』は僕も三ツ星をつけた。
この『スリーデイズ』はフランス映画の『すべて彼女のために』という映画のリメイク版ということで、ハリウッドが二番煎じを求めた意味もよく理解できる脚本作品だ。すばらしい人物描写もできている。

迫力もあり、ストーリー展開が全く読めぬ意外性もあり、ハラハラドキドキの連続の中にホッとした安らぎもある・・・そんな秀逸映画だった。

the next three days02


とにかく主演のラッセル・クロウの持ち味である”渋さ”によって、グラディエーター並の意思の強さが感じられる。とても役柄に合っている。
何度か彼の出演する映画を観ているが、彼はオールマイティー俳優である。(ちょっと最近は太りすぎだが)役柄によってはものすごくかっこよく見えたり、逆に妙にフーテンな感じでみすぼらしく見えたりもする。そのギャップというか『落差』を出せるってことが役者としての『器量』であり、監督やスタッフからの人気を得るのだと思う。


the next three days13

また彼の父親役をしたブライアン・デネヒー、表情がとにかく素晴らしい。セリフはほとんど無い。セリフを超えた大きな包容力である。血を分けた親子だからわかっているその何気ない父親の愛情や息子への信頼がとても心強く感じる。

多感な時期の息子役のタイ・シンプキンスの演技もとても自然で素晴らしかった。あまりしゃべらなくて人見知りだし、どちらかと言うととっつきにくい子供役だった。しかし、こよなく両親を愛している、そういう雰囲気がとても良く出ていた。

the next three days110


鑑賞していると、彼らを応援したい気持ちになってくるのだが、何故か服役中の奥さんに漂う翳りが気になってしょうがない。冒頭に出てくる友人とのディナーの席でのイザコザがその伏線になっているようでとても怖い感じがする。
それも演出なのだろうと思うが・・・これ以上はご覧いただきたい。

the next three days04


とにかくサスペンス、アクション、凶悪犯罪、裁判や警察機構、カーチェイスや逃亡など・・・映画の押さえとなる要素がとにかくふんだんに詰まった映画だと思う。それにリーアム・ニーソンとかオリビア・ワイルドとか・・・有名なハリウッドスターやアーティストがチョイ役で数多く出演している。

オススメ映画に付き★二つ。

the next three days05


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。