スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー10

MovieWalkerより抜粋
1999年3月20日(土)公開

【作品情報】
ジョークを連発するユニークな療法で人々の心と体を癒す実在の精神科医パッチ・アダムスの若き日を描いたヒューマン・ドラマ。出演は「グット・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス、「コン・エアー」のモニカ・ポッターほか。

【ストーリー】
1969年。自殺未遂の果て、精神病院に入院したハンター・アダムス(ロビン・ウィリアムス)は、ジョークで患者たちを笑わせ、心を癒す能力に目覚める。そんな彼に富豪で天才病の患者アーサー(ハロルド・グールド)は「パッチ(絆創膏)」というニックネームをつける。2年後パッチは精神科医を目指し、バージニア大学医学部に入学。同級生トルーマン(ダニエル・ロンドン)と白衣を着て病院に潜入し、患者たちの心を掴んでいく。パッチの笑いの療法が次第に功を奏で、ベテラン看護婦たちも温かな目で見守ってくれるようになる。しかし、学部長のウォルコット(ボブ・ガントン)はパッチを快く思わず、放校処分に。常に成績がトップクラスのパッチに学長が理解を示し、学校に残ることが許される。一方、つれないそぶりの同級生カリン(モニカ・ポッター)へ思いを募らせるパッチは彼女の誕生日を温かく祝い、いつしか心を通わせるようになる。パッチは病院や医療制度の理不尽さから無料の病院を作りたいと考え、カリンに協力して欲しいと頼む。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー22


【作品データ】
原題 Patch Adams
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 116分

【スタッフ】
監督 トム・シャドヤック
脚本 スティーヴ・オーデカーク
原作 ハンター・ドゥハーティ・アダムス 、 モーリーン・マイランダー

【キャスト】
Patch Adams ロビン・ウィリアムズ
Truman ダニエル・ロンドン
Carin モニカ・ポッター
Mitch フィリップ・シーモア・ホフマン
Dean Walcott ボブ・ガントン
Dr. Eaton ジョセフ・ソマー
Joletta イルマピー・ハル・ビジョー
Judy リー・マッケイン
Dean Anderson ハーヴ・プレスネル



パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー16



【マイレビュー】

残念なことにこの8月、ロビン・ウィリアムズが自殺し63歳の若さでこの世を去った。初期のパーキンソン病と長期のうつ病だったらしい。
謹んでご冥福をお祈りします。

この映画は彼の追悼で放送されたもので、ずっと前にも観たことはあったが改めて今回観てみた。
愉快で人間味溢れる彼のいちばん良い面がいっぱい詰まった作品だと改めて感じた。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー20


こういう医者は出世しないだろう。
いいや、もともと出世するつもりなど無いし、患者と医者にさえ上下関係は無いと思っている。
患者と向き合い彼らを笑顔にすることだけを喜びとしている。だからお金や名声や地位そんな余計なことは眼中に無い医者である。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー19


「死は悪いことではない」
「死と向き合った患者の『人生の質を高める』のが医者の努めだ」
「だから患者と向き合うんだ。」

この映画は実話であり、実在した人物の話である。ロビン・ウィリアムズにしか演じられないほどピッタリとハマッている。
こういう医者たる医者が孤軍奮闘するしかない現実は、本当にむなしいと思う。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー01

「見えないものを見よ 向こう側を見るんだ」
「やる価値があるものは すべて難しいんだ」
「医者だと認めるのは世間じゃない 患者だ」

とても悲しいシーンもあるが、全編を通してユーモアたっぷりの心温まる患者とのふれあい、そしていろんな名言がいっぱい詰まった素晴らしい作品だった。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー09

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。