スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●武士の献立

武士の献立02

MovieWalkerより抜粋
2013年12月14日(土)公開

【作品情報】
江戸時代の加賀藩を舞台に、その台所を切り盛りする包丁侍の家に嫁入りした娘と、料理が苦手な跡継ぎが、ぶつかりながら、絆を深めていく姿を描く家族ドラマ。上戸彩と高良健吾が夫婦役に扮するほか、西田敏行、余貴美子らベテランが脇を固める。当時のレシピ集である「料理無言抄」を基に再現された江戸時代の料理も必見だ。

【ストーリー】
江戸時代。優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となり1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室・お貞の方(夏川結衣)に女中として仕えていた。ある日、料理方である舟木伝内(西田敏行)にその才能を買われ、息子の嫁にと懇願されて春は2度目の結婚を決意する。舟木家は代々、藩に仕える由緒ある包丁侍の家であったが、跡取りの安信(高良健吾)は料理が大の苦手で、しかも春より4つも年下。春は、姑の満(余貴美子)の力も借りながら、必死に夫の料理指南を始める。様々な料理の基礎を安信に教える春。渋々指導を受けながらも、めきめきと腕をあげていく安信。やがて昇進の機会が訪れ、試験では春が夕餉に出した治部煮をもとに治部の肉の代わりにすだれ麩を足す着想が、節制を重んじる藩から高い評価を得る。昇進した夫の素っ気ない感謝の言葉に小躍りしたいほど嬉しい春。安信の昇進を家族はもちろん、親友の定之進(柄本佑)やその妻・佐代(成海璃子)も喜ぶのだった。嫁入りから1年。江戸詰から家に戻った伝内は隠居を決意。安信に役目を譲り、今後は加賀料理を書に纏めたいと語る。

武士の献立01

【作品データ】
製作年 2013年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 121分

【スタッフ】
監督 朝原雄三
脚本 柏田道夫 、 山室有紀子 、 朝原雄三
製作総指揮 迫本淳一 、 飛田秀一

【キャスト】
舟木春:  上戸彩
舟木安信:  高良健吾
舟木伝内:  西田敏行
舟木満:  余貴美子
お貞の方(真如院):  夏川結衣
大槻伝蔵:  緒形直人
今井佐代:  成海璃子
今井定之進:  柄本佑
前田土佐守直躬:  鹿賀丈史



武士の献立04

【マイレビュー】
上戸彩さんが可愛くて健気で頭が良くて気立てのいい姉さん女房役だった。
とにかく料理の腕、味覚、手際すべてそろっている。そんな料理の腕前を見込まれて『包丁侍』の跡取りに嫁いでゆく。
この女房の話まで本当かどうかはわからないが、加賀藩で実際に存在した役人の話である。

『武士の家計簿』もたしか加賀藩だったと記憶している。あちらの人はこのあたりの伝記を実に几帳面に残している。北陸地方が学力が高いのはこの時代の名残が現在にも生かされているからなのだろう。

武士の献立03


関ヶ原の戦い前後に新しく徳川氏の支配体系に組み込まれた大名のことを「外様大名」と呼び、主に首都圏近辺ではなく地方を治めさせられていたが、いつ将軍家に刃向かうやも知れず、将軍家にとっては常に目の上のたんこぶである。
陰謀などもあり外様大名は主家が滅亡することも多く、長い江戸時代の間には常にお家騒動が絶えないのだった。

だからこのような前田藩も例外ではなくお家存続のための知恵である『包丁侍』も饗応の宴などで将軍家の接待役として重宝がられていたということが歴史認識としてよくわかる。

武士の献立05


難を言えばこの映画、上戸彩さんが主役であること自体がちょっと違う?と感じてしまった。
これでは『女房の献立』である。
武士の家計簿」は堺正人さんが主役で一家の主、そして陰で支える女房役の仲間由紀江さんという江戸時代ならではの自然な構図だったが、この作品は全然違う。
武士である夫(高良健吾)の頼りなさが結局最後まで持続してしまった感じがした。

やっぱ脚本が良くない。
「いい女房がいるから男が出世する」的な部分を強調しすぎだった。要するに「姉さん女房であげまん」風な短絡性が脚本の本筋になっている。女性脚本家が一枚咬んでいるといつもこんな風に結局は前に出たがりで自己満足型のストーリーとなり、なんか映画の本当の焦点もボケる。田島陽子センセみたいで僕は好きではない。
「包丁侍」という役職に誇りが持てないのはわかる気がするが、ケツを叩かれて渋々やったにしても、家督を守り家庭を持ち愛する女房のためにそこは男の気概でやり遂げて欲しいところである。
料理というのが味覚や技術や知識だけあればいいというもんじゃないところなんかは、いちばん伝えるべきだったはずだ。

どうせならもう少し料理の内容にこだわって例えばレシピを紹介するとか、ひとつの料理の完成までの手元だけをクローズアップして5分近く回しっぱなしにするとかして欲しかった。どうせ手元は一流の料理人が吹き替えているのだと思うから。

武士の献立06

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
132位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。