スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック01

2004年4月29日(木)公開

【作品情報】
「愛しのローズマリー」などの個性派、ジャック・ブラック主演のコメディ。売れないロッカーが、名門小学校の先生になりすまし、新風を巻き起こす姿を絶妙のテンポで描く。

【ストーリー】
デューイ(ジャック・ブラック)は、ロック・バンドのメンバーとしてワイルドに生きている男。だが、代用教員の親友ネッド(マイク・ホワイト)のアパートに居候している彼は、多額の家賃滞納によりネッドの恋人パティ(サラ・シルヴァーマン)を激怒させ、アパートから追い出すと宣告される。バンド・バトルで優勝すれば賞金で家賃を払えると考えるが、破天荒な態度が問題となりバンドをクビになってしまった。途方に暮れた彼は、名門小学校からネッドにかかってきた仕事の依頼の電話を受け取る。デューイはネッドになりすまして、この学校の代用教員になることにする。まんまと厳しい女校長のマリンズ(ジョーン・キューザック)を騙し、小学校5年生の担任に。そして音楽室から流れてくる生徒たちのクラシック演奏を聴き、生徒たちにロックをやらせて一緒にバンド・バトルへ出場するという計画を思いつく。リード・ギターに内気な少年ザック(ジョーイ・ゲイドス・ジュニア)、ドラムスにフレディ(ケヴィン・クラーク)、キーボードに寡黙なローレンス(ロバート・ツァイ)、ベースにケイティ(レベッカ・ブラウン)、コーラスにソウルフルな歌声を持つトミカ(マリアム・ハッサン)を抜擢し、クラスの仕切り屋の女子生徒サマー(ミランダ・コスグローヴ)をマネージャーにするなど、生徒全員に役割を与えた。生徒たちは、ロックの世界を通じて自由と個性を知っていく。

スクール・オブ・ロック08

【作品データ】
原題 The School of Rock
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 110分

【スタッフ】
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 マイク・ホワイト
音楽 クレイグ・ウェドレン
音楽監修 ランダル・ポスター

【キャスト】
Dewey Finn ジャック・ブラック
Mullins ジョーン・キューザック
Ned マイク・ホワイト
Patty サラ・シルヴァーマン
Zack ジョーイ・ゲイドス・ジュニア
Summer ミランダ・コスグローヴ
Freddy ケヴィン・クラーク
Katie レベッカ・ブラウン
Lawrence ロバート・ツァイ
Tomika マリヤム・ハッサン



スクール・オブ・ロック05

【マイレビュー】
主演のジャック・ブラックの個性がとにかく光る作品だった。
彼は『ガリバー』の主演も含め、いろんな端役でも活躍しているマルチ俳優だが、この主演には彼以外に考えられなかったと思う。
ロックをこよなく愛しているのが、画面を通じていてもよくわかるし、かれのパフォーマンスはロックンロールそのものだった。感心した。

スクール・オブ・ロック06

物語としてはよくある設定ではあったが、教員に成りすまし、勉強ばかりしている有名私立小学校のそれぞれの子供たちの才能を見出し、ロックバンドに仕上げる過程とか本当にとても夢のある作品になっている。

特に面白いのは教室の黒板に音楽の発祥から現代の音楽ジャンルになるまでの図式を書いて、それぞれのバンド名をジャンル分けしたところだった。バンドそのものだけじゃなく、このあたりの音楽の歴史を非常に熱く語る教壇のジャック・ブラックの弁舌は特に見ものだ。

スクール・オブ・ロック04

この映画を参考にした映画だとあとで気づいたが、設定やストーリーのよく似た作品としては日本未公開の『ロック・ミー・ハムレット(原題:HAMLET2)』があるので、比較対象的には面白いと思う。是非レンタルビデオで『ロック・ミー・ハムレット』もご覧いただきたい。
僕個人としては『ロック・ミー・ハムレット』のほうが大人っぽくてちょっとした恋愛話も加わるので好きだ。

スクール・オブ・ロック03


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。