スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★オーロラの彼方へ

オーロラの彼方へ03

MovieWalkerより抜粋
2000年12月9日(土)公開

【作品情報】
ハートフルな味わいとサスペンスのスリルが一体となった異色ファンタジー。父と子の劇的な再会に胸をアツくしつつ、いっぽうで起こる殺人事件のスリルにドキドキ!

【ストーリー】
恋人との別離に苦悩する刑事ジョン(ジム・カヴィーゼル)にとって、30年前に殉職した消防士の父フランク(デニス・クエイド)は、誰よりも妻のジュリア(エリザベス・ミッチェル)を愛し、息子のジョン(ダニエル・ヘンソン)を「リトル・チーフ」と呼び、とびきりの愛情を注いでくれたかけがえのない存在だった。もし父が生きていたら…そう思わない日は一日たりとてなかった。ある日、ジョンはクローゼットの奥から父の形見の無線機を発見する。オーロラの輝く夜、ある男との交信に成功したジョンは、無線機の向こうで男が自分の子供に「リトル・チーフ」と呼びかけるのを聞き、愕然とする。ジョンが無線機で交信した男は、なんと30年前に死んだ父フランクだったのである。

オーロラの彼方へ02

【作品データ】
原題 Frequency
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ヒューマックス
上映時間 117分

【スタッフ】
監督:  グレゴリー・ホブリット
脚本:  トビー・エメリッヒ
製作総指揮:  リチャード・サパースタイン 、 ロバート・シェイ
主題歌:  ガース・ブルックス

【キャスト】
フランク・サリバン:  デニス・クエイド
ジョン・サリバン:  ジム・カヴィーゼル
チーフ(ジョンの幼少のころ):  ダニエル・ヘンソン
ジャック・シェパード:  ショーン・ドイル
ジュリア・サリバン:  エリザベス・ミッチェル
サッチ・デレオン:  アンドレ・ブラウアー
ゴード・ハーシュ:  ノア・エメリッチ
サマンサ・トーマス:  メリッサ・エリコ



オーロラの彼方へ11

【マイレビュー】
2000年の作品なのに初めて観た映画だった。
最近観た映画の中でもピカイチだった。
とにかく原作&脚本が素晴らしい。この映画、何度観てもいい。
家族愛とサスペンス要素、そして友情や夢、仕事、昔と今の地域社会の様子がとても上手く融合していてものすごく感動した。久しぶりの傑作に出会えた。

オーロラの彼方へ10

オーロラが夜空に輝く。
1999年と1969年のときを超えて、30年前の消防士の父と30年後の警察官の息子がハム無線を通じて会話をする。
そこから物語が急展開する。その息をつく暇も無い展開にもう釘付けである。

オーロラの彼方へ07

父親役のデニス・クエイドはとても素晴らしい役者だ。
「バンテージ・ポイント」もとても秀逸な映画だったが、この「オーロラの彼方に」のほうがさらに彼の温かそうな人柄がよく出ていて見事だった。
すべてのストーリー展開が親子愛をベースにしているので、サスペンス要素もスリリングなだけでなく、「観ていて信じられる」ほどの家族愛を描き本当にいい。

オーロラの彼方へ09

周りを構成する役者達も素晴らしい。
年老いたメイクの感じとか仕草など演技の力がものすごく自然ですばらしい。
1969年と1999年が連動している様子とか、その別々の世界を交互に同時進行してゆくシーン構築や脚本はもう「お見事」としか言いようが無い。
タイムパラドクスやパラレルワールドとなりがちな難解なタイムワープ映画になっていないため、こんな単純な頭脳の僕にもちゃんと理解できた。

無線のなかでとてもお洒落な会話がある。

「例え今から1000年後だろうが、アメリカで勉強する子供達は3つのことを学ぶんだ。『憲法』と『ロックンロール』と『野球』だ。」

とにかく絶対に観て損は無い傑作だから、是非じっくり観てほしい。

オーロラの彼方へ01


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
136位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。