スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★プライド&グローリー PRIDE AND GLORY

PRIDE AND GLORY11

Wikiより抜粋修正
【作品情報】
2008年にアメリカ合衆国とドイツが共同製作したドラマ映画。日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。警官が巻き込まれた事件を任されることになった主人公が、捜査を進めるうち一家の絆を揺るがす驚くべき真相に突き当たり、葛藤していくさまを描いた犯罪ドラマ。

【ストーリー】
ニューヨーク市警察に勤めるレイ・ティアニー刑事(エドワード・ノートン)は、過去のトラウマが原因で現場から長らく遠ざかっていたが、警察高官の父フランシス・Sr(ジョン・ヴォイト)の命令で現場に復帰することになる。彼が特別捜査班を指揮することになった事件は、麻薬取引現場を市警察が取り押さえようとした際、相手の反撃によって警官2名が殺害され、残り2名も重体となるといった大事件であった。レイが生まれたティアニー家は、警察高官の父、警察分署長の兄フランシス・Jr()(ノア・エメリッヒ)、そしてその兄の部下である義弟のジミー(コリン・ファレル)といった警察一家であった。レイは警察内部に麻薬組織の内通者がいると睨み、捜査を開始する。だが、義弟であるジミーこそが内通者であり、裏で汚職を行っているという事実を掴んだ彼は、警察と家族との間で葛藤していく。

PRIDE AND GLORY03

【作品データ】
原題: PRIDE AND GLORY
メディア:  映画
上映時間:  130分
製作国:  アメリカ/ドイツ
公開情報:  劇場未公開
ジャンル:  ドラマ/犯罪

【スタッフ】
監督: ギャヴィン・オコナー
製作: グレゴリー・オコナー
脚本: ジョー・カーナハン,ギャヴィン・オコナー

【キャスト】
レイ・ティアニー: エドワード・ノートン
ジミー・イーガン: コリン・ファレル
フランシス・ティアニー・Sr: ジョン・ヴォイト
フランシス・ティアニー・Jr: ノア・エメリッヒ
アビー・ティアニー: ジェニファー・イーリー


PRIDE AND GLORY01

【マイレビュー】
骨太なバイオレンス&クライム&ハードボイルド&アクション映画だった。
目を背けたくなるような暴力シーンが数多く出てくる。多分途中で気分が悪くなる方もいるのではないかと思う。

現実がこんな風に酷いとは思えないが、ありえなくも無いシチュエーションだ。
政府や官庁など権力組織あるいは警察機構がらみの犯罪など正義や善悪よりも体面や公序を守るために取ってつけたような犯行ストーリーで民衆を騙したり、冤罪で罪もない人を刑務所に送り込むこともこの日本でさえありえることだろう。再審請求などで警察による証拠の捏造なども露呈し、無罪を勝ち取った死刑囚も現に存在する。

PRIDE AND GLORY09

この映画にもあるとおり、誰であっても最終的には自尊心や誇りにしたがって生きるべくその方向性を絶対に失わないことが肝心だ。それが正しい生き方ではないかと思う。

すこし前に「フォーン・ブース」を紹介した。その主演だったコリン・ファレルがこの映画では完全な悪徳警官を演じている。
彼はとても魅力ある素晴らしい役者さんだ。
コリン・ファレルよりも主演のエドワード・ノートンのほうが悪徳警官のような顔つきだが、そこはまあ良しとしよう(笑)

PRIDE AND GLORY08

この映画、日本で未公開だったが、もし公開されていたら暴力シーンが連続するこの映画は多分「R15指定」ぐらいになっただろう。
すべてにとても迫力ある映像の連続だった。

PRIDE AND GLORY04
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。