スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フォーン・ブース

フォーンブース10

2003年11月22日(土)公開
【作品情報】
全米No.1ヒットを記録した、コリン・ファレル主演のサスペンス劇。電話ボックスという限定された場所を舞台に、先読み不可能なストーリーが展開される緊迫感あふれる快作だ。

【ストーリー】
スチュ(コリン・ファレル)は自称一流のパブリシスト。傲慢で嘘をつくことを何とも思わない彼は、アシスタントと別れたあと、ニューヨーク8番街53丁目に残る最後の電話ボックスに入り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラ(ケイティ・ホームズ)に電話をかける。スチュが受話器を置いて外に出た途端にベルが鳴り、彼は思わず受話器を取った。すると電話の発信者(???)はなぜかスチュの私生活を熟知しており、どこかからかライフルで狙いつつ、言うことを聞かなければ殺すと脅迫する。やがて、その公衆電話をめぐってスチュといざこざを起こした娼婦の用心棒が射殺される。スチュが殺したとわめき散らす娼婦たち。まもなく警察がボックスを包囲し、レイミー警部(フォレスト・ウィティカー)がスチュに電話を切るよう説得する。そしてテレビのライブ中継を見たパメラと、妻のケリー(ラダ・ミッチェル)も現場に駆けつけてくる。

フォーンブース03
【作品データ】
原題 Phone Booth
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 81分

【スタッフ】
監督:  ジョエル・シュマッカー
脚本:  ラリー・コーエン
製作総指揮:  テッド・カーディラ

【キャスト】
スチュ・シェパード:  コリン・ファレル
レイミー警部:  フォレスト・ウィテカー
パメラ・マクファデン:  ケイティ・ホームズ
ケリー・シェパード:  ラダ・ミッチェル
電話の“発信者” : ???



フォーンブース

【マイレビュー】
一気に観てしまった。
目的はいったい何なのか、どうして私生活を熟知しているのか。それがずっと謎のままで時間が経過してゆく。
生放送や実況中継のようにこちら観る側の時間の経過と完全にリンクしている。
まさに上映時間そのまま81分間の物語なのである。

フォーンブース08

犯人(???)とスチュ(コリン・ファレル)の電話ボックス内での息を呑む駆け引きの数々、当初の優劣が完全にひっくり返りものすごいテンポで追い詰められるスチュ。シチュエーションはほぼ9割が電話ボックスの中での犯人のやり取りである。
犯人は声だけで9割出演している、実はとても有名な俳優さんで他のサイトには名前も出ちゃっているが、このサイトではあえて伏せておく。観る前には知らなくていい情報だと思う。
ミステリーっぽくてそのほうがドキドキ感が増すだろうし。

フォーンブース01

電話ボックスは携帯電話の普及でその立場を失いつつある。そういう文明の皮肉もこの映画の伏線になっていて、観ているだけで複雑な心理の変化が手に取るようにわかる。

電話ボックスに絡む人々、それぞれの立場でそれぞれが必死で生きているのであり、しかも誰しもが抱えている程度の行動や心理であり、万人から責められたり、犯人に殺されても仕方ないほどの悪事でもない。
理不尽な犯人の要求をどう振り切るのか、全国ネットでテレビ中継されている電話ボックス内のスチュがどういう行動に出るのか、ハラハラする感覚を是非味わって欲しい。

よくあるパニック系や閉所からの脱出系とは全く違っていて舞台はニューヨークのブロードウェー近くの路上である。そんな大都会の真ん中の狭い『フォーン・ブース』でたった一人で戦うスチュを最後まで観て欲しい。

これを観るあなたが旦那さんを持つ奥様であったなら、旦那のちょっとした浮気ぐらい許してやろうと言う気にもなる???・・・映画かもしれない(笑)

フォーンブース11
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。