スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ピアノ・レッスン The Piano

ピアノレッスン06

MovieWalkerより抜粋
1994年2月19日(土)公開

【作品情報】
19世紀半ばのニュージーランドを舞台に、ひとりの女と2人の男が一台のピアノを媒介にして展開する、三角関係の愛のドラマ。主演は「ザ・ファーム 法律事務所」のホリー・ハンター、「ライジング・サン」のハーヴェイ・カイテル、「ジュラシック・パーク」のサム・ニール。共演はオーディションで選ばれた子役のアンナ・パキンほか。93年度カンヌ映画祭パルムドール賞(オーストラリア映画として、また女性監督として初)、最優秀主演女優賞(ハンター)受賞作。93年度アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(ハンター)、助演女優賞(パキン)受賞。

【ストーリー】
スコットランドからニュージーランドへ、エイダ(ホリー・ハンター)は入植者のスチュワート(サム・ニール)に嫁ぐために、娘フローラ(アンナ・パキン)と一台のピアノとともに旅立った。口がきけない彼女にとって、ピアノはいわば分身だった。だが、迎えにきたスチュアートはピアノは重すぎると浜辺に置き去りにする。スチュワートの友人で原住民のマオリ族に同化しているベインズ(ハーヴェイ・カイテル)は、彼に提案して自分の土地とピアノを交換してしまう。ベインズはエイダに、ピアノをレッスンしてくれれば返すと言う。レッスンは一回ごとに黒鍵を一つずつ。初めはベインズを嫌ったエイダだったが、レッスンを重ねるごとに気持ちが傾いていく。

ピアノレッスン01

【作品データ】
原題 The Piano
製作年 1993年
製作国 オーストラリア
配給 フランス映画社

【スタッフ】
監督 ジェーン・カンピオン
脚本 ジェーン・カンピオン
製作総指揮 アラン・ドパルデュー

【キャスト】
Ada ホリー・ハンター
Baines ハーヴェイ・カイテル
Stewart サム・ニール
Flora アンナ・パキン



ピアノレッスン17

【マイレビュー】
これが1993年のとても栄えあるパルムドール賞を獲った作品である。脚本も奇抜で受賞は確かにうなずけるし、優れた役者さんばかりだが、全体的にすべてが暗く、雨で泥でぐちゃぐちゃで僕好みではなかった。
また、シチュエーション、ストーリー展開、そしてニュージーランドという舞台設定のほとんどに「必然性を感じなかった」のである。すなわち「不自然」だった。

ただ特筆すべきことは口の聞けない主人公エイダの身代わりとしての擬人的役割をする「ピアノ」の存在感が素晴らしく、この映画では一人の役者以上の演技をしていることだ。

ピアノレッスン04

「ピアノ・レッスン」の邦題がついているが原題は「The Piano」である。
僕は邦題そのものが原題に全く則していないと思う。原題とのニュアンスの違いが作品の奥深さを完全に消してしまっている。多分軽い気持ちでストーリーの流れで日本の誰かが「ピアノレッスン」としたに過ぎない。誰だか知らないけど邦題をつけるのを商売にしている奴がいるのか、それとも配給会社のスタッフか、そんな「テキトー」で「ヘタクソ」な邦題をつけてお金を貰っちゃいけない。

ピアノレッスン13

原題の「The Piano」 と邦題の「ピアノレッスン」 の間にはその溝が埋まらないほどのすごく大きな違いがある。まったく別物と言っていい。
「ピアノレッスン」じゃ「個人授業」や「課外授業」や「青い体験」とかと同じく僕らの思春期にあったような外国のエロい映画っぽくなってしまう。たしかにエイダのヌードはとても綺麗だったけど(笑)。

最初に書いたとおり、この映画は主人公エイダの言葉の代わりにピアノが存在する。海辺で弾いたときの彼女の明るい表情を見ればわかるし、ラストまで観ればどなたでもわかると思う。すなわち「エイダ自身がピアノそのもの」なのである。
だから「The Piano」なのである。

この映画を観てどう感じるかは百人百様である。映画とはそういうものだから賛否両論があってちょうどいい。僕は僕の感想を書いたつもりだ。

ピアノレッスン16

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
132位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。