スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●タスマニア物語

タスマニア物語13

1990年7月21日(土)公開

【作品情報】
オーストラリアの雄大なタスマニア島を舞台に、その美しい自然に生きる父と子の心の対話を描く。脚本は「自由な女神たち」の金子成人が執筆。監督は「あ・うん」の降旗康男。撮影は「家族輪舞曲」の林淳一郎がそれぞれ担当。

【ストーリー】
小学六年生の正一(多賀基史)は小学校最後の春休みを利用して父の住むオーストラリアに向う。だが、一流商社に勤めているはずの父栄二(田中邦衛)は、今では会社を辞めて南の島タスマニアに住んでいるというのだ。とりあえずシドニーの町を見物していた正一は、そこで実(横尾建太朗)という少年に出会う。複雑な家庭事情があり、家出してきたばかりという実に正一は親しみを感じる。そんな時平島直子(薬師丸ひろ子)と名乗る女が二人の前に現われ、正一と実を栄二のもとへ案内するのだった。しかしそこで正一と再会した栄二は、タスマニアの自然保護運動に参加して、幻の動物タスマニアタイガーを追っていた。そんないるのかいないのかもわからないタスマニアタイガーを追うことで頭が一杯になって、少しはみ出した行動をする栄二に疑問を抱き、反発してしまう正一だった。

タスマニア物語07

【作品データ】
製作年 1990年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110分

【スタッフ】
監督:  降旗康男
脚本:  金子成人
製作総指揮:  鹿内宏明 、 村上光一 、 堀口壽一
音楽監督:  久石譲

【キャスト】
川野栄二: 田中邦衛
平島直子:  薬師丸ひろ子
石沢正一:  多賀基史
都築晴夫:  根津甚八
都築京子:  宮崎美子
都築実:  横尾建太朗
ジェームズ・トンプソン: フィリップ・サバイン
小夜トンプソン: かとうかずこ
まり子トンプソン: 小島聖
中山博:  緒形直人
石沢嘉市:  小林桂樹
石沢菊:  加藤治子
石沢安江:  富司純子



タスマニア物語01

【マイレビュー】
僕好みのジャンル以外なのだが、スタンダードな日本映画らしいストーリーであるこの映画を今日は紹介したい。
この映画のジャンルはあえて「自然・動物・環境…」にしてみた。

何を隠そう僕は薬師丸ひろ子さんの大ファンであり、彼女の出演する映画は子供向けだろうが若者向けだろうがアニメ実写版だろうがほとんど観ていたがこれだけは観てなかった。この映画は25年ほど前の作品だがやっぱり彼女は愛らしくとてもステキだ。
ここで紹介した「タスマニア物語」も多分当時夏休み中の子供向け・家族向けに作られたであろうほのぼのとした作品にはなっている。

物語には多少「大人の事情」が絡んでいる部分があるのでこれを家族で観た大人のうちの大部分(笑)は身につまされることもあろう。子供たち向けにはそのへんの複雑な大人の事情はやさしくオブラートに包んで、親子でタスマニアタイガーという絶滅動物を見つけるという探検心や好奇心面を掻きたてている「家族仕立て」になっているところがなんか日本人的で心憎いほどうまい。
この「タスマニア物語」のような作品はかの有名な「東映まんが祭り」と並んで日本では”夏休みごと”に毎年作られているように思う。

前置きが長くなったが今回は「秀逸シネマ紹介」の主旨に沿ってはいないのでご勘弁を。
とりたててこの作品が特に優れているから紹介するというわけではなく前述のように薬師丸ひろ子さん好きな僕の嗜好として紹介したまでである。

要するに「それでもイイじゃん別に」ってことである。

タスマニア物語10

この映画では田中邦衛さんに恋心を抱く薬師丸ひろ子さんという”はなはだ不自然すぎるカップル”の成り行きがとても気になってしまった。夕暮れの湖で草笛を吹くシーンや、下のシーンのように木彫りのタスマニアタイガーを彫っている姿をうっとりと見つめるところだとか、子供が入学式で日本に帰っちゃったあとはこの二人はどうなるのかとか、続編は無いのがわかっているのに余計な想像をさせられてしまったりした。

肝心の絶滅種「タスマニア・タイガー」は? 

それは子供たちのお楽しみっ!

タスマニア物語14
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【(鈴鹿)ひろ美発見伝】『タスマニア物語』ナド

本日は薬師丸ひろ子デイ〜♪ 「あまちゃん」の天然女優・鈴鹿ひろ美を いろーんな作品、番組の中から見つけてみよぅ〜〜〜!ってことで上記 のタイトルをつけてみまんたーーーーー♪ ☆まずは、懐かしい青春の日々を呼び起こさせる、スペクタル巨編!w 里見八犬伝 eiga.com 作品情報 『里見八犬伝(1983)』 ■解説:里見家の姫と八犬士の一人との恋をベースに、...

コメント

非公開コメント

Re: お願い

了解で~す
早速見させていただきました
充実した内容で素晴らしいです
今後ともよろしく


> マイブログに、トラバ&リンク&引用、貼らせてもらいました
> なにか不都合あればお知らせくださいませ
> なにとぞ宜しくー

お願い

マイブログに、トラバ&リンク&引用、貼らせてもらいました
なにか不都合あればお知らせくださいませ
なにとぞ宜しくー
検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。