スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★デーヴ

dave06.jpg

MovieWalkerより抜粋
1993年8月14日(土)公開

【作品情報】
大統領とそっくりな容姿を持つ男が、心ならずも大統領の影武者を演じ続ける羽目になる姿を描くハート・ウォーミング・コメディ。監督・製作は「キンダガートン・コップ」のアイヴァン・ライトマン、実在の米国国会議員たちや実際のワシントンのマスコミが大挙して特別出演している。

【ストーリー】
ボルティモアで小さな職業紹介所を経営するデーヴ・コーヴィック(ゲヴィン・クライン)は、時のアメリカ合衆国第44代大統領ウィリアム・ハリソン・ミッチェル(ケヴィン・クライン)に瓜二つ。彼の存在を知った大統領補佐官のアレクサンダー(フランク・ランジェラ)、報道官のアラン・リード(ケヴィン・ダン)、シークレット・サーヴィスのデュエイン(ヴィング・レイムス)の3人は、ホテルでの演説の後、雪隠れする大統領の身代りを1回限りの条件で、デーヴに依頼する。しかし、ミッチェル大統領が突然倒れ、意識不明の重体に。目新しい体験に浮き浮きした気分で状況を楽しんでいたデーヴだったが、大統領補佐官の強い主張で、無期限で大統領を演じる羽目になる。<以下長いので省略>

dave05.jpg

【作品データ】
原題 Dave
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

【スタッフ】
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 ゲイリー・ロス
製作総指揮 ジョー・メジャック 、 マイケル・C・グロス

【キャスト】
Dave_Kovic:  ケヴィン・クライン
Bill_Mitchell:  ケヴィン・クライン
Ellen_Mitchell:  シガニー・ウィーヴァー
Bob_Alexander:  フランク・ランジェラ
Alan_Reed:  ケヴィン・ダン
Duane_Stevensen:  ヴィング・レイムス



dave07.jpg

【マイレビュー】

アメリカ映画の本来の特長である「出来すぎで単純明快かつ痛快」な映画。
う~ん、デーヴ大統領のこういう「正義」ならアメリカも世界中で大歓迎されるはずなのにね。
僕もとても好きな部類の映画だった。

ストーリー的には「コメディー」なのだが、ある意味とても純粋でシリアスだ。
そして作り手の想いがちゃんと観た人に伝わってくる素晴らしい映画だったように思う。
ある程度の筋書きは読めるがデーヴ(ケヴィン・クライン)の最後の一工夫がとても良かったと思う。
こういう「勧善懲悪」なら僕は大好きだし、愛情物語としては奇抜だがとても自然ななりゆきでもあったと思う。

dave04.jpg

少し脱線するがすぐに戻るつもり(笑)

全く異なる映画だがショーン・ペンの主演した「オール・ザ・キングス・メン」を観たときにも同じことを思った。
国会に名を連ねているセンセー方も若いころは世の中を少しでも良くしようと思って政治家を目指したのだろうってことを。

ところが当初考えていた崇高ともいえる政策は属した政党内での上下関係や派閥によって自然に淘汰され風化し揉み消され、他方では支援団体との関係が深くなり癒着も起こり当選回数を重ねるにつれさらにシガラミは強くなってゆく。そうしていつの間にか地位や立場に驕りが出て「初心を忘れて」しまうのだろう。

政治家というモノがすべてそのような人ばかりではないとは思うがどんどん「嘘も上手くなり」傍目にはわからないからとても厄介だ。
口先だけの人間かそうでないか、反骨精神があるか、長いものに巻かれるタイプか、腹黒い人間か、正直な人間か、信念と行動はしっかりリンクしているか…。

そんなふうに僕ら有権者も有権者としてどんな世の中であるべきかを真剣に考え、政党も派閥も関係なく立候補者を”ひとりの人間として”しっかりと見極め、初心を忘れていない純粋な理想と信念を持つ人間に投票すべきだと思う。



dave09.jpg

この映画のクライマックスシーンは上の写真にもあるとおり予算決定閣議の席上である。
この話の展開はとても心地良い。
まさに「仕分け」や「シガラミを取っ払う」ってことに他ならない。たぶん日本の市町村のような小さな自治体でもこれぐらいに真剣に取り組めばナントカなると思う。ただしこの映画はアメリカもバブル景気で預金にも高利息がついた時代の話ではあるけどね。

dave02.jpg

また、僕が特に好きなこの映画の象徴的なひとつのシーンがある。デーブとエレンの真夜中のドライブ中の会話である。
シガニー・ウィーヴァー演ずるファーストレディがデーヴのことを自分の夫である大統領では無いと気づいた「その理由」について話すシーンである。

これがまた「女性ならでは」の回答で、その辺の会話のおしゃれ感もアメリカ~ンでとても秀逸なのである。
たぶん男にはわからないと思う。この映画のデーヴと同じ回答をする人がほとんどだろうな(笑)

これ以上はネタバレ気味になってしまうし、皆様には特にとっておきたい会話シーンなのでこれ以上は言わな~い。


この映画は「ちょっと疲れ気味のあなたに」観てもらいたい映画である。
観た後できっと「ホンワカして晴れ晴れとした気分になれる」と思う。

どこかにアップされている映画だと思うけどもし無ければレンタルDVDとかで観てみてね。

dave01.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
132位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。