スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●鉄人28号

鉄人28号01

MovieWalkerより抜粋
2005年3月19日(土)公開

【作品情報】
冨樫森監督作品。横山光輝の名作漫画を実写映画化。幻のロボット“鉄人28号”を操縦して悪に挑む少年の活躍を、迫力の特撮映像満載で活写する。

【ストーリー】
金田正太郎(池松壮亮)は、幼い頃にロボット工学の第一人者だった父・正一郎(阿部寛)を亡くし、今は母・陽子(薬師丸ひろ子)とふたり暮らしをしている小学6年生。ある日、彼の目の前に巨大なロボットが出現、東京タワーを破壊した。それは、コンピュータ会社・KOKの元会長で、最愛の妻と息子を亡くした悲しみから厭世的になり、全てを壊滅させ自分の理想郷を作ろうと企む宅見零児(香川照之)が尖兵として送り込んだ“ブラックオックス”だった。さて、この事件から間もなく、正太郎は綾部(中村嘉葎雄)と名乗る老人に、正太郎の祖父と父が研究していたロボット“鉄人28号”の操縦を任せられる。見た物を瞬時に記憶する直感像資質と言う特殊な能力と、持ち前のラジコン・テクニックで鉄人をコントロールする正太郎。だが、再び東京に現れたブラックオックスの強大な力の前に、鉄人は無残に破壊されてしまった。しかし、マサチューセッツ工科大学から招聘された真美(蒼井優)らによって鉄人の改良強化が図られ、敗北の失意から操縦を諦めた正太郎も、母たちの励ましに支えられもう一度操縦桿を握る決意をする。

鉄人28号05


【作品データ】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 113分

【スタッフ】
監督:  冨樫森
原作:  横山光輝
製作総指揮:  多木良國 、 兵頭秀樹 、 木村純一

【キャスト】
金田正太郎:  池松壮亮
立花真美:  蒼井優
宅見零児:  香川照之
綾部達蔵:  中村嘉葎雄
金田陽子:  薬師丸ひろ子
金田正一郎:  阿部寛
大塚雄之介:  柄本明
田浦慶太郎:  伊武雅刀
江島香奈:  中澤裕子
村雨研二:  高岡奏輔



【マイレビュー】
半世紀ほど前の超有名なテレビ漫画、横山光輝原作「鉄人28号」の実写版である。10年前の作品だ。
実はこの僕は白黒テレビでリアルタイムで観ていたテレビ漫画だ。
配役に香川照之さんが出ていたのでチェックしてみた。

映画全体には特撮やCGを駆使したと言えるほどの迫力も精細さも無ければ、ストーリーもこれと言って特筆する部分は無いけども、だ。普通に楽しんで見れた。
いやいやー、10年前の作品だったが、今をときめくすんごい役者さんがいっぱい出ている。

まず主役の金田正太郎役の池松壮亮さん、この幼い小学生がね~~。
この春やっている話題のTBSドラマ「MOZU」で記憶喪失の爆弾犯人役をやってるあの若者である。香川照之さんとは10年ぶりの競演になるのかな。「鉄人28号」と「MOZU」とは全く対照的なストーリーだ。すごいめぐり合わせだね。彼がほとんど話の主役だった「MOZU」1話目を見たけどすごく成長して「憂い」のある青年になったし、若いのに存在感がハンパ無い。

鉄人28号09

薬師丸ひろ子さん。
角川映画の新人オーディション合格し「野性の証明」で12~13歳でデビューした彼女だが、「セーラー服と機関銃」や「Wの悲劇」…あのころからの「透明感」や「気品」が今なお持続している。彼女は映画やテレビドラマだけじゃなく歌もものすごくうまく大好きな「歌手」でもある。さらに彼女がすごいところは30を過ぎたころからテレビでも映画でも「主役に固執」することが全く無い。しかも「母親役」さえも受け入れている。仕事を選ぶ誰かさんに聞かせてやりたい。ほんと「女優の鑑」だね。玉置浩二さんと結婚&離婚したときはものすごくショックだったけど。

鉄人28号10

蒼井優さん。
デビュー4年目ぐらいでこの映画に出ているが、ここでは屈託の無い頭脳明晰な少女役で、彼女らしい「ちょっと翳りのある」ような役回りではなかったのですこし残念だった。彼女はこの2年後、主役の「フラガール」で完全にブレイクする。僕はこの当時のようなサラサラのロングヘアーのほうが好きだ。

鉄人28号04

香川照之さんが出るとなぜこうもアニメ実写映画も「締まる」のだろう。
他のアニメ実写映画では「カイジ」とか「あしたのジョー」でもそうだった。社運をかけたような肝心な映画やドラマには本当に絶対に押さえておきたい「必要不可欠」な超売れっ子俳優である。彼は映画でも「半沢直樹」とか「MOZU」のようなテレビドラマでも「視聴率の10%は握っている」と思う。

鉄人28号18

そのほか、元モー娘。の中澤裕子さんやあの嫌韓ツイッター発言で問題になった高岡奏輔(新名)さんも出ている。

また脱線気味になるが、ちなみに僕はアノ発言については「激しく同意」の立場である。将来ある彼に言わせちゃいけなかった。今ここで僕がフォロー発言しても構わないが、何の影響力も無いので黙っておく。ただ有名人が過激発言をするとすぐ「山本太郎さんの類い」っぽく扱われるけど、発言の真意を本当に検証し、発言者を吊るし上げることなく問題提起したマスコミが「皆無」だったことは残念でならない。三橋貴明先生や北村晴男弁護士も批判していたが、実際予想通りあれからフジテレビの視聴率は衰退の一途をたどっている。

脱線劇場~昭和40年の僕ら

「鉄人28号」を楽しみにしていた。
あの当時の時代背景としては戦後20年ほどたった平和な日本の成長期だった。僕は静岡県磐田市の田舎育ちで、昭和40年ごろの風景は家はポツリポツリ建っていた程度で、晴れた日には抜けるような青空と澄んだ空気、はるか遠くに富士山も見えてた。あたりは芋畑や麦畑、草むらと泥んこの道、親父とお袋が野良仕事をするのを見ていたりした。北のほうへ2kmほど冒険に行くと茶畑が一面に広がる。僕は体も軽くこんもりとしたお茶の木の上に寝そべって空を見るのが好きだった。だけど白菜や葱などの野菜畑の先のいたるところに豚小屋や鳥小屋があってとても臭かった。(話の脱線のさらに余談だが、僕は「ホルモン焼き」とか「モツ鍋」が好きではない。なぜなら紛れも無くそれらは当時僕の嫌いだった「豚小屋の匂い」だからである。)
僕ら子ども達は学年とか関係なく学校から帰るとみんな顔やひざや肘を擦りむき、泥まみれになって走り回って遊んでいた。僕らは夏でも冬でもみんな半ズボンだった。

鉄人28号06

敗戦後わずか20年という時代にもかかわらず「戦後」というイメージは僕らにはそれほど無かったが、どの家庭の両親も例外なく戦争は体験していたはずだ。唯一「戦争の名残り」として残っていたのは、近くの公園や台地の斜面に横穴式に掘られていた「防空壕」跡だった。僕らは皆その中に入って遊んだりした。僕の家ではお風呂さえ「薪」で沸かしていた。昭和40年各家庭に白黒テレビが普及してきた。テレビは家族団らんの中心になっていった。

当時のテレビ局が各局「開局50周年」を迎えている。
この「鉄人28号」、Wikiで放映期間を調べたところ僕が白黒テレビで見ていたのはどうやら再放送というか「地方局へのお下がり」で放映していた期間だったことがわかった。

鉄人28号07

僕がこの「鉄人28号」を見ていたころの「昭和」の田舎には、ほとんど「何にも」無かった。だが遊び道具はいっぱいあった。別に今なら見向きもしない空き缶とか石ころ、水や木や土も「何でも」遊び道具になった。
近所には恐いおじさんが必ずいた。そして悪さをしたら誰からも叱られたしよく泣いた。

この50年の間に風景もモノも世の中も完全に様変わりした。進化か退化か、人となりも変わってきた。人々の殆どが「時間」や「金銭」や「物欲」に囚われすぎていると思う。人生には本当は大切なことがいっぱいあるにもかかわらずほとんど伝承されていないし、今からでも体で覚えなきゃわからないこともたくさんあるのに誰も何もしない。



この映画の中でそれまで臆病だった正太郎(池松壮亮)に対して、綾部達蔵(中村嘉葎雄)が発する気が利いたセリフがあった。
「男は冒険することから始まるんだよ」


鉄人28号08





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。