スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ジー・アイ・ジェーン G.I.Jane

gijane

とても好きな映画だ。
この映画はもうずっと15年前に公開されたもので、デミ・ムーアが一番輝いていた時期である。


『G.I.ジェーン』(G.I. Jane)は、1997年に製作されたアメリカの映画。リドリー・スコット監督作品。

アメリカ海軍情報局に所属するジョーダン・オニール大尉は、男女差別雇用撤廃法案を唱えるデヘイヴン上院議員の要請で、志願者の60%は脱落すると言われる最難関の海軍特殊部隊 (実在のSEALsをモデルにした架空の偵察部隊) の訓練プログラムに挑むことになる。彼女を待っていたのはウルゲイルたち訓練教官による想像を絶するしごきと、女性であるが故の訓練生たちからの軽蔑の視線だった。しかし、彼女は驚異的な頑張りで、12週間に及ぶ地獄の訓練プログラムを闘い抜いてゆく・・・。



女性政治家の陰謀の駒として、デミ・ムーア演じるオニール大尉が送り込まれる。訓練所で女性だけにはハンディ(ダブルスタンダード)があることを知ったオニール大尉(デミ・ムーア)は怒り、自ら他の兵士と同じ訓練基準を熱望する。そして自らバリカンで髪を切り丸坊主になる。(このシーンには全くCGが無く、本当に映画の中で丸坊主になっている。)
訓練に根を上げないオニールと他の兵士は互いに信頼関係を築いてゆく。

実弾も飛び交う養成所での訓練は残酷なまでに厳しい。とうとう実践訓練で失敗し、捕虜となって拷問されるオニールと鬼軍曹との決闘シーンが見ものだ。

そして最後の訓練で潜水艦に乗りこむが・・・・。

観たことの無い方は是非一度ご覧あれ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。