スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★消えた天使 The Flock

消えた天使21

2007年8月4日(土)公開

【作品情報】
「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督がハリウッド進出を果たした、戦慄のサイコ・サスペンス。リチャード・ギア扮する監察官が、少女誘拐犯の心の闇に迫る。

【ストーリー】
性犯罪登録者の監察官である公共安全局のエロル・バベッジ(リチャード・ギア)は、18年間続けてきたその仕事を退職するように言い渡されていた。納得できないバベッジだが、後任となるアリスン・ラウリー(クレア・デインズ)の指導を任された。バベッジはアリスンを連れ、担当している登録者たちの元を訪れる。強姦罪で摘発された男、バラバラ殺人で死刑になった男の妻……執拗とも思える尋問や前科者に対する偏見にアリスンは嫌悪感を覚える。そこにバベッジの担当地域での誘拐事件の知らせが入ってくる。被害者の名前はハリエット・ウェルズ(クリスティーナ・シスコ)で大学近くの線路脇で乗馬ブーツが発見されたのだ。バベッジは「自分が監視し続けている登録者たちの中に犯人がいる」と確信していた。バベッジの強引で自己中心的な行動にアリスンはついていけないと激しい言い合いを重ねるが、彼の心の葛藤を知り、渋々ながら共に犯人を追うことになる。

消えた天使03

【作品データ】
原題 The Flock
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 ムービーアイ
上映時間 105分

【スタッフ】
監督 アンドリュー・ラウ
脚本 クレイグ・ミッチェル 、 ハンス・バウアー
製作総指揮 デイヴィッド・ゴートン 、 カリン・ベア他

【キャスト】
エロル・バベッジ:  リチャード・ギア
アリスン・ラウリ:  クレア・デインズ
ビオラ・フライ:  ケイディー・ストリックランド
ベアトリス・ベル:  アヴリル・ラヴィーン
ボビ・スタイルズ:  レイ・ワイズ
エドマンド・グルムス:  ラッセル・サムズ
グレン・カスティス:  マット・シュルツ
ハリエット・ウェルズ:  クリスティーナ・シスコ



消えた天使15

【マイレビュー】
う~ん、リチャード・ギア。とても渋い役者さんになった。以前はダブルのスーツをびしっと来たダンディーな役柄ばっかりだったが、この映画での彼は男の僕が観ても憧れだ。こんな風に年齢を重ねたいと思う。
物言わぬ寂しげな目が、人生の苦しみや挫折を味わいつくし、悟りの境地にいるような優しい雰囲気を醸しだしている。

エロル・バベッジ(リチャード・ギア)は性犯罪登録者の監察官(公務員)である。職務に実直で持ち前の正義感から執拗で行き過ぎの監視・監察を繰り返す。そのせいで性犯罪登録者からの苦情が殺到し、上司には煙たがられクビを言い渡されていて、後任も決まっている。たいした仕事もしない同僚には陰で笑われる。そんな役柄である。

性善説を尊び、更正を信じる後任のアリスン(クレア・デインズ)に対する引継ぎで、性犯罪の前科がある者らは「決して更正しない」と断言し、「必ず再犯する」と教える。次の犯罪がおきてからでは遅いということである。
彼は卑劣な性犯罪者を心から憎んでいる。彼らを心理的に執拗に追い込み、時には善悪の境目の区別が出来ず、銃も持ち、憎しみが弾けてバットも振り回す。両刃の剣だ。

監察官にはそこまでの権限は無い。警察官でもないため、捜査もできない。
だから最大限の範囲で「性犯罪を未然に防ぐ」。それが本来の監察官の役目であり、彼の使命なのである。
身の危険も顧みず、犯人を追い詰めるのだ。

消えた天使06

「アメリカでは2分に1人、女性や児童が性的暴行を受けている」
「監察官は1人あたり1000人の性犯罪者を監視しなければならない」と冒頭でテロップが流れる。
その監視システムなのだが、
「性犯罪登録者サイトは市民より性犯罪者たちの役に立っている」や、
「外面はすべてを隠す。目に見える生活態度や外面では何もわからない」というセリフも出てくる。

アメリカのたどる道を日本もたどるとしたら、このような性犯罪もこんな狭い日本で増えてゆくのだろうか。昔に比べて確かに「悪の温床」がたくさんある時代になったとは思う。アメリカほどの攻撃性は日本人には無いような気はするが、セリフにもあるとおりこういう犯罪だけは「見た目」とか「生活態度」ではわからない。
現にそういう犯罪も起きている。

消えた天使18

性犯罪者は卑劣で卑怯で陰湿で姑息で男として最低最悪だと僕は思う。
だから罰はすべて「陰茎切除術」がよい。
命は助けてやるかわりに、お前の不要なチンポを根元から切って再犯の可能性を極限まで下げてやるってことだ。もしもこんな罰だったら怖くて絶対犯さないと思うし、余計な監視システムなんか不要だ。人間としての尊厳は全うできるけど男の尊厳は与えないってことだ。

詐欺も窃盗も性犯罪も「なにもかも一律に懲役刑」にしてどうするって思う。罪に応じた罰になっていない。それで更正して真っ当な人間になるはずが無い。日本は死刑がある国なんだからそんな罰だって実現可能だろって。


警視庁や警察による検挙率が上がったとか、そんなのはたいしたことじゃない。
「犯罪が起きている」って事のほうが問題なわけだ。

大事なことは、システムとかナントカ機構とか、そういう形じゃなくて、2分に1回こんな犯罪が起きる前にやはり「人間と人間の関わりの中で犯罪を未然に防ぐこと」それが一番大切なんだと思うのだ。

消えた天使17
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
155位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。