スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●チャーリーとパパの飛行機 L'Avion

LAvion02.jpg

MovieWalkerより抜粋
2007年9月1日(土)公開

【作品情報】
「ロベルト・スッコ」の鬼才セドリック・カーン監督の最新作はコミックにヒントを得た愛と感動のファンタジー。子役のロメオ・ボツァリスのかわいらしい表情が涙を誘う。

【ストーリー】
チャーリー(ロメオ・ボツァリス)へのクリスマスプレゼントは、大好きなパパのピエール(ヴァンサン・ランドン)が何日もかけて作った模型の飛行機だった。しかし自転車が欲しかったチャーリーは何の変哲も無い飛行機のプレゼントにとても不満だった。しかしその数日後、パパは事故にあってこの世を去ってしまう。ママはすっかり落ち込み、チャーリーはパパの最後のプレゼントの飛行機をそっと抱きしめて眠った。翌朝、目が覚めたら飛行機は、チャーリーには手が届かないはずなのに、いつのまにかパパが置いた場所に戻っていた。喪が明けてママは仕事に戻り、チャーリーもあの飛行機と一緒に、学校に再び通いはじめた。クラスで皆が飛行機にいたずらしようとすると、飛行機はひとりでに床を滑り出し、チャーリーのもとへ戻った。さらに家に帰って飛行機に話しかけると、まるで生きているように赤く点滅し、優雅に滑空するのだった。ママが仕事に出かけヘルパーが来て掃除をしている間に飛行機でいたずらを仕掛けたりする。そしてパパがいる天国に行ってみたいと思いチャーリーは屋根のてっぺんに上りそこから飛行機に乗って飛ぼうとするが・・・。

LAvion06.jpg

【作品データ】
原題 L'AVION
製作年 2004年
製作国 フランス
配給 ワイズポリシー
上映時間 100分

【スタッフ】
監督 セドリック・カーン
脚本 セドリック・カーン 、 イスマエル・フェルーキ 他
原作 マグダ・セロン 、 ドゥニ・ラピエール

【キャスト】
チャーリー: ロメオ・ブツァリス
カトリーヌ:  イザベル・カレー
ピエール: ヴァンサン・ランドン
グザビエ: ニコラ・ブアンソ
メルセデス: アリシア・ジェマイ



LAvion12.jpg


【マイレビュー】
ストーリーはとてもよかったと思う。ただ大人より子供向けのファンタジック映画だと思った。
作品として評価すると脚本、脚色、人物描写、伏線などいろんな箇所がB級映画っぽくて雑だった。

ほとんどの人がそうだと思うけど「チャーリーと○○○○」と聞くと「チョコレート工場」のほうがピンとくるし、そういう面では主人公の名をフランス語の発音っぽく「シャーリーとパパの飛行機」とかにしたほうが良かったかもしれない。本当は「パパの飛行機」だけでも良かったのに、配給会社はいつも有名映画のタイトルを適度にパクる便乗商法が常套手段だ。そういう「一枚咬ませて」的で商魂が見え透いちゃってるやり方は僕はどうも好かん。

LAvion14.jpg


フランスの田舎の田園風景がすごく良かった。空気も綺麗そうな場所で、なだらかな緑の丘は観ていて癒される。
フランスの田舎って本当に美しい。
チャーリーはそれはそれは可愛らしい。純真無垢な7~8歳の子どもだった。撮影の途中でもしかしたら前歯が抜けちゃってる?映画の初めと終わりでちょっと表情が違っているように感じたが僕の気のせいかもしれない。

大好きな父親に伝えたいことがあると言ってたそんな可愛い彼が発した最後の言葉でうかつにも泣いてしまった。
「自転車欲しい」とか言っちゃったらどうしようと思ってハラハラしたが。


適度に大人のエゴを絡ませたストーリーだったが、パパがいた研究所、そこがなんの研究施設なのか、結局その飛行機はパパの何だったのか、そこでパパは何をやっててどんな事故に遭い、どんな秘密があったのか。何も明かされなかったし家から出てきた日記帳でも全然解決していない。それに連中の悪だくみは果たして何だったのかすら分からなかった。そういう重要と見せかけた伏線、それが何だったのかを子どもに訊かれても大人も答えようが無いのだ。

だから子どもと一緒に観てもいいけど、子どもに訊かれる質問を想定しその答を準備しておくためにも、親が最初に一度見ておく必要があるね(笑)。

LAvion05.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。