スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

✖トワイライト 初恋 / Twilight

トワイライト~初恋~

2009年4月4日(土)公開

【作品情報】
人間とバンパイアの禁断の恋を描いたベストセラー小説をハリウッド期待の若手2人を主演に迎えて映画化。ロバート・パティンソンが魅力的な吸血鬼をスマートに演じる。

【ストーリー】
ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は母親の再婚のため、アリゾナからワシントン州フォークスの小さな町に引っ越してきたが、天候のよいアリゾナと対照的に、雨が多く霧に包まれたフォークスになじめないでいた。ベラは転入した高校で、不思議な雰囲気を持つカレン家の人々と出会う。医者であるドクター・カレン(ピーター・ファシネリ)が養子として育てている5人兄弟、アリス(アシュリー・グリーン)、ジャスパー(ジャクソン・ラスボーン)、ロザリー(ニッキー・リード)、エメット(ケラン・ラッツ)、エドワード(ロバート・パティンソン)は一様に異彩を放つ美しさで、他人と交わろうとせず、自分たちだけの世界を守っているかのようだった。ベラはその中でも、完璧な美しさを持つエドワードに惹かれていく。カレン家の人々はヴァンパイアの一族だった。ベラは真実を知っても恐怖を感じることなく、さらにエドワードへの想いを募らせる。一方エドワードも、彼女に惹かれていった。

Twilight01.jpg

【作品データ】
原題 Twilight
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 アスミック・エース=角川エンタテインメント
上映時間 122分

【スタッフ】
監督 キャサリン・ハードウィック
脚本 メリッサ・ローゼンバーグ
原作 ステファニー・メイヤー

【キャスト】
ベラ・スワン クリステン・スチュワート
エドワード・カレン ロバート・パティンソン
チャーリー・スワン ビリー・バーク
アリス・カレン アシュリー・グリーン
ロザリー・ヘイル ニッキー・リード
ジャスパー・ヘイル ジャクソン・ラスボーン



Twilight02.jpg

【マイレビュー】
申し訳ないが、この作品はお勧めしない。
主演の当時は18歳の「クリステン・スチュワート」がとても綺麗で可愛いってだけで、ストーリーも、展開も、エンディングもまったく面白くなかった。

それにしてもバンパイヤ(吸血鬼)とかゾンビとか、オオカミ男とか、アメリカはいつも好きだ。この映画の大ヒットでシリーズ化されたものだが、マジでヒットの理由がわからない。魔法とか怪物系は特に好きではないジャンルだし、多分僕とは違う世界に住む人のための映画だと思う。


Twilight05.jpg


イケメン(????)との評判で、この映画で主演のバンパイヤ「ロバート・パティンソン」。
プライベートでもクリステン・スチュワートと交際していたらしいが、映画宣伝のための売名行為だったんじゃないかと疑いたくなる。
あまり性格も良くなさそうな顔だ。その顔がでかくてあごや頬骨が張っていて、目つきも良くない。本当にイケメンだと思う?
張りあうつもりは無いんだけど(笑)、僕にはただの”薄気味悪い青年”って感じにしか見えないんだけど。

いずれにせよ、バンパイヤとかドラキュラもそうだけど、女性が好んで観るのだと思う。
クールでハンサムで危険な男が自分の首筋にキスをするというシチュエーションがロマンチックでインモラルで、そのあたりに女性が好む理由があるんじゃないかな。
彼女達はたぶんドラキュラに禁断のエロチシズムを感じるのだ。


Twilight04.jpg


この映画は禁断の恋をテーマにしているが、とにかく並行して伏線のあったエピソード部分も全く解決しないまま、全部がオブラートに包んで終わっちゃった。次回作なんか観ないのに、ね(笑)。
最後のほうは、もうあまりにもつまらなくて早回ししちゃった。
ホラーでもなく、スリラーでもなく、サスペンス的でもなく、なんじゃこりゃという映画なので、レンタルも購入もお勧めしない。


『スノー・ホワイト』、『On The Road』と女優としての可能性を広げたクリステン自身、2012年の「最も稼いだ女優」ランキングで1位を獲得しているのだが、その出世作にしては作品としてお粗末だと思った。
ただ、クリステンは綺麗なだけじゃなく、どことなく悲しげで、翳のある佇まいが魅力なのだろう。
まるでノラ・ジョーンズが女優になったような翳りがある。どことなく雰囲気が似ているのを感じた人はいるだろうか。


『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン part2』というのも公開されるらしいが、映画館でまで観るほどじゃないと思うが一応紹介しておく。

Twilight06_201501310840238b1.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
184位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。