スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ラブリー・ボーン Lovely Bones


Lovely-Bones-Wallpaper-the-lovely-bones-the-film-21421847-1680-1050.jpg

ラブリーボーン
2010年1月29日(金)公開

【作品情報】
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化。死を迎えた少女が、天国から家族や友人を見守り続ける、感動のファンタジー。

【ストーリー】
スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は父ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、祖母リン(スーザン・サランドン)そして妹といった暖かい家族に囲まれ、幸せに暮らしていた。学校では恋もするごく普通の14歳の少女。だが1973年12月6日、不幸にも無慈悲な殺人者の手によって殺されてしまう。亡くなったスージーは天国で温かく迎えられ、穏やかな日々を送るが、彼女の気持ちは落ち着かなかった。彼女を殺した犯人がまだ見つかっていなかったのだ。彼女はなんとかして残された家族とコンタクトを取ろうとするが、それは容易なことではなかった。やがて、殺人事件は顔見知りの犯行だったことが判明。家族にも危機が迫る。家族を救うために自分にも何か出来るはずだと必死に行動するスージー。果たして、苦悩する家族にスージーの想いは届くのか……。

【作品データ】
原題 The Lovely Bones
製作年 2009年
製作国 アメリカ イギリス ニュージーランド
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間 135分

【スタッフ】
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 フラン・ウォルシュ 、 フィリッパ・ボウエン 、 ピーター・ジャクソン
原作 アリス・シーボルド

【キャスト】
スージー・サーモン: シアーシャ・ローナン
ジャック・サーモン: マーク・ウォールバーグ
アビゲイル・サーモン: レイチェル・ワイズ
リンジー・サーモン: ローズ・マクアイヴァー
リン: スーザン・サランドン
ジョージ・ハーベイ: スタンリー・トゥッチ



LovelyBones03.jpg

【マイレビュー】
近所に住んでいた男の手にかかり、学校帰りにトウモロコシ畑で命を奪われたサーモン家の長女スージー(シアーシャ・ローナン)が天国と現実の間をさまよう魂(霊)となって、事件によって荒れてゆく家族の愛情や絆を取り戻させ、憎っくき犯人に復讐を果たしてゆく・・・、果たしてスージーは現世に思い残すこと無く、ちゃんと天国にたどり着けるのか。
仏教でいう「成仏」までの道のりの物語と言っていい。

「魂」や「霊」というものの存在が本当にあるかどうかは、生きている僕には到底わかりゃしないが、おそらくこのように現世にしがみついて、執着し、自分が死んだことをずっと受け入れられずに彷徨う霊や魂もあるのだと思う。
わかる気がする。

LovelyBones01.jpg


最初から犯人が誰かは分かっているので言うが、とにかくスージーの純真無垢な命を奪った隣人の男が憎たらしくてしょうがない。子供を持つ親ならわかるだろう。実はスタンリー・トゥッチはこの映画で助演男優賞を総なめしてしまっている。それほどの演技だ。

これ以上話すとネタバレとなってしまうので慎もう。

この物語に言えたことは、「遺体」への執着がとても希薄であることで、このあたりは日本人感覚とは少し違う。肉体や骨より「魂」を重んじる宗教感覚の違いなのだろう。
いつもながらこの手のサスペンスには警察が無能すぎる点、これはお約束だったか。
ビジュアル面では、CGと実写の配合バランスがとてもよくてとてもファンタジックに描かれている。
何より主役のシアーシャ・ローナンの可愛さと演技力の高さにビックリした。


LovelyBones05.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
155位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。