スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★ビッグ・フィッシュ The Big Fish

the_big_fish
【洋画】 ビッグ・フィッシュ BIG FISH (2003 日本語字幕) 1_2

父の息子の普遍的な愛情を描いたファンタジー映画。

小さなころから父から何百回も聞いた話。
息子が生れた日、俺は川に棲む何百年も生き続けたヌシ魚のビッグフィッシュを釣り上げた。
それまで色んな餌やルアーを試したが、一度も釣れなかったが、その日は自分の指にはめていた結婚指輪をルアーにして釣り上げた・・・。
成長するにつれ、それが真っ赤なウソで、父はただの売れない雑貨品のセールスマンで、出張でいなかっただけであり、虚飾した父のホラ話だと気付いてゆく。
その何百回と聴いた話を、自分の結婚式の披露宴でまで大勢の招待客を前に得意げに話す父にうんざりした息子。

そして自然と父と息子は疎遠状態になり、実家に帰ることも少なくなった。
ただ新婦は興味深く義父の話を聞いて、夫の凝り固まった父親像を解きほぐしてゆく。

そして新婦が妊娠7カ月のころ、その父の容体が悪くなり、実家に帰ることになった。

そして久しぶりに父と息子は会話を交わすが、どことなくぎこちない。
「お父さんの話は全て作り話だ」と父親へのいままでの不信感を吐露する。

父親の病状はさらに悪化し、余命がいくばくもないことを父も息子も悟る。
病院に入院してから、父の部屋にあるいろんな思い出の品を手に取ってゆくと、息子は一つ一つを検証してゆく。うんざりしていた話は真っ赤なウソでは無く、本当の混じった出来事ばかりだった。そして父親の人間性の豊かさに気付き、どうして虚飾を含めて父から息子に語られたのか、その意味をだんだんわかってゆくようになる。
母親との出会い、そして人里離れた小さな町。魔女の家。銀行強盗。巨人を連れてサーカス団に入ったこと・・。

父の葬儀には父と関係のあった人たちがすべて参列した。その数は果てしないほどで、全ての人が父親のことが大好きな人ばかりだった。父親はこうあるべきだと誰もが思うだろう。
僕も泣いた。

最後のほうのお医者さんの一言に全てが集約されていた。

「君の母親も言っていたが、たしかにあの日はセールスの仕事で出張してて彼は立ち会うことは無かった。でも男が分娩室に入るような時代じゃなかったのさ。君の父親はそのとき一生懸命働いていたんだ。でもね。本当のこと話しても子供にとってそれじゃつまらないだろう。だからさ。」

これから子供が産まれる予定のある方にはとてもお勧めの映画だ。

スポンサーサイト

●エイリアン バスターズ THE WATCH

watch

日本未公開 コメディ映画『The Wa○ch』 日本語字幕

日本未公開との映画だが、単純にコメディータッチのエイリアンバスター物で、ストーリーは予想通りだが、それぞれの個性あふれる4人の個人的な事情や家族への愛情物語もあり、見飽きることが無く一気に観れたし面白かった。

だが、「未公開」という事情を察すると「スポンサーが付かなかった」のだろうと僕は思う。
なぜならこの映画はアメリカ最大の大型スーパー「コストコ COSTCO」を舞台にしているってところが第一の障害。日本にもところどころにあるが、そんなに数多く日本全国に店舗も無く、扱っている商品も外国製品が多いため、日本メーカーの買い手がつかなかったんだろうってのが一つ目。

そして二つ目は、出てくる会話である。
セリフを日本語訳にしたら、全部が「ピ~~~~!」になるほどの放送禁止用語、それに卑猥な比喩や表現がポンポンと飛び出すからだろう。僕にしたら全然ノープロブレムだろうけど、子供が好きそうなストーリーなのに、親が子供に見せられないからだろうな。

主役はナイトミュージアムのベン・スティラーで、あの真面目そうなキャラクターが、コストコの店長って役回りにピッタリだったが、さすがに床に倒れたエイリアンに向けて銃を執拗に何回もぶっ放すシーンは少し違和感があった。
だけどこの映画の中で僕が一番気に入って笑えたのがそのシーンだったし、他の映画には無くとても意外性があって高度な面白いシーンだった。



★ジャンゴ 繋がれざる者  Django Unchained 

Django Unchained 『ジャンゴ 繋がれざる者』
Django Unchained 『ジャンゴ 繋がれざる者』 2/2

一足先にこの映画をFC2で観た。
一言で言って「長い」けど、時間を忘れる。

タランティーノ監督はいろんな作品を手掛けるお人だ。才気が溢れすぎて気味が悪い。

この映画は南部戦争の頃のアメリカを舞台に、白人による黒人奴隷の人身売買の横行していた時代の西部劇である。

歯医者の肩書で指名手配犯の賞金稼ぎをしているほとんど詐欺師同然のドイツ系紳士ドクター・キング・シュルツが、出逢った黒人奴隷のジャンゴを賞金稼ぎのパートナーにして、「南部一の早撃ち」ガンマンに育てる。
賞金稼ぎをしながら、シュルツは白人のキャンディランドの主人(レオナルド・ディカプリオ=珍しく完全な悪役)宅に奴隷として買われているジャンゴの妻を救出しに行こうと提案する。
人間としての尊厳と自由平等が皆無だった時期のアメリカの歴史もよく表しているが、黒人がこれほどモノが言えない時代で白人の奴隷だったことは、この映画を通じてあらためて怒りを感じた。

黒人を二ガーと頻繁に呼び捨てにしたり、撃ち合いのシーンや、犬を使った拷問や死刑のシーンなど、かなり陰湿で残酷で凄惨なシーンの連続で、飛び散る血の量も半端無いのだが、ラストシーン的にはそういう伏線が必要だったのかもしれないな。

とても見ごたえのある映画だったし、西部劇にありがちなリベンジ物ではないので、ストーリー的にもハラハラして面白かった。


ジャンゴ役のジェイミー・フォックスの奴隷的(?)な容姿と、ガンマンとしてのかっこ良さのギャップが凄くいい。
シュルツ役のクリストフ・ヴァルツも完全なハマり役で、日本人なら橋爪功さんのようなナチュラルな人の良さがにじみ出ていて素晴らしかった。
キャンディ役のレオナルド・ディカプリオは相変わらず童顔だが、今回は完全な悪役で、上記二人はどちらかと言えば地味な俳優だが、やはり彼にはひときわ華がある。


★セントアンナの奇跡

セントアンナの奇跡

【映画】セントアンナの奇跡【洋画・日本語字幕】

その「つかみ」で僕は釘づけになった。
若干ネタバレ的な映画鑑賞批評になるが、とにかく観ていただきたい映画だ。

アメリカの郵便局で定年間近の局員が、20セント切手を買いに窓口に来た男を銃で殺すところから始まるこの映画。

家宅捜索をしたところ、イタリアの有名な彫刻家が450年以上も前に創った白い石像の頭部分が見つかる。鑑定によれば時価500万ドル相当(約5億円)の価値がある。イタリア・フィレンツェのアルノ川に架かるサンタ・トリニータ橋 (Ponte Santa Trinita) にあったプリマヴェーラ像で、第二次世界大戦時にドイツ軍に橋を破壊された際に失われたものだった。

これが新聞記事になると、複雑な過去と運命の糸が解かれ始める・・・・。

舞台は1944年ヒトラーナチスの攻め込むイタリアのトスカーナ地方。
「眠る男」伝説のある小さな村に黒人アメリカ兵4人とイタリアの孤児1人が辿りつく。

ドイツ兵、地元民、地元のゲリラ部隊などの感情の衝突と男女の交流。
よく居る無能な上司のあからさまな人種差別と、隊を分断するほどの大いなる判断ミス。
セントアンナ教会で起きたドイツによるイタリア人大虐殺事件と裏切り者の存在。
ドイツ兵にビクビクしている緊迫した村人たちの交流や、お守りのように石像の頭を大事に抱えたアメリカ偵察隊の一人の大男と、山小屋で助けた9歳の男の子とのほのぼのとしたちぐはぐな会話やあらゆる奇跡など、どれも緊張感の中に素晴らしく描かれている。

戦勝と戦争の終結を一様にキリストに祈るドイツ兵、イタリア民間人、アメリカ兵。
宗教の違いが無くても、自分たちの都合のいいように解釈が捻じ曲げられている。
いったい何のために起きた戦争なのかを根本から考えさせられる映画である。


そして、そもそも郵便局員が殺した相手は、彼にどう関わった人間だったのか。
少年はどうなったのか。
そして「眠る男」とは?

実話小説からの映画化作品であり、ぜひ観てほしい映画である。





●アップサイドダウン 重力の恋人 UPSIDE DOWN

upside_down

アップサイドダウン 重力の恋人

2013年9月7日(土)公開

【作品情報】
キルスティン・ダンスト&ジム・スタージェス主演のSFラブストーリー。真逆の方向に引力が作用する不思議な惑星を舞台に、出会ってはいけなかった男女の運命的な恋が描かれる。幻想的なビジュアルを創り出したのは、アルゼンチンの巨匠、フェルナンド・F・ソラナスの息子で、本作が劇場長編2作目となるフアン・ソラナス。

【ストーリー】
太陽系の惑星のひとつに、正反対に引力が働いている双子の惑星があった。この二つの星のうち、“上の世界”には富裕層が住み、貧困層の集まる“下の世界”から燃料を搾取しており、二つの世界の住人は互いの星との交流を禁じられていた。下の世界に住むアダム(ジム・スタージェス)は上の世界のエデン(キルスティン・ダンスト)と恋に落ち、荒れた丘で人知れず逢瀬を重ねていた。しかし警備隊に見つかり、逃げようとしたエデンは頭を強打し意識不明に。そして捕まったアダムは、上の世界と通じた罰として家を焼き払われる。それから10年後、ふとしたことからアダムはエデンが生きていることを知る。エデンに会うために、2つの世界を唯一繋ぐトランスワールド社へ入社し、命がけで上の世界に潜入するが……。

upsidedown2.jpg

【作品データ】
原題 Upside Down
製作年 2012年
製作国 カナダ=フランス
配給 角川映画
上映時間 108分

【スタッフ】
監督 フアン・ソラナス
脚本 フアン・ソラナス
製作総指揮 ジェームズ・W・スコッチドープル

【キャスト】
エデン: キルスティン・ダンスト
アダム: ジム・スタージェス
ボブ: ティモシー・スポール


upsidedown1.jpg

【マイレビュー】
どこの国にもある「格差社会」。
そんな現代の経済現象を、見事にファンタジックに仕上げた作品だ。

キーワードは「重力」。
世界を上下に分断し、上に金持ち、下に貧乏と、完全に二分化した社会である。
若干ネタバレ的になってしまうが、ストーリー展開としては「ロミオとジュリエット」のような純粋な禁断の愛と、製品開発と特許、商品化を巡るドロドロとした上下の利益争奪戦が同時進行してゆく。

どちらかというと恋愛メインなので、最後には製品化を巡ってあれやこれや的大人の事情は絡める時間も無くなって、若い二人の世界には全く入り込む余地無しのラストとなる。

観終わった感想としては、悪役がハッキリしなかった点と、利権をめぐり上の(金持ちの)世界に仕返しする的な観客をスカッとさせるべき部分が欠如しているように思う。「金持ちケンカせず」ってことか。そのあたりがちょっと僕としては不満。もっとハラハラドキドキ感が欲しかった。

特筆すべきは映像で、とても綺麗で、こまかなデティール部分までよく表現されていて、素晴らしかった。
上下に分断されていると、どこから太陽が登ってどこへ沈むのかがよくわからないが、そこはファンタジーでごまかされてみるのもいい。

是非一度ご覧あれ。

upsidedown3.jpg



●ルーパー LOOPER 

looper

2013年1月12日(土)公開
【作品情報】
タイムスリップによって30年後の世界からやってきた自分と対峙することになる暗殺者の数奇な運命を描くSFアクション。若手有望株のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが暗殺者を、ブルース・ウィリスが30年後の主人公に扮し初共演。監督は『BRICK ブリック』でもゴードン=レヴィットとコンビを組んだライアン・ジョンソン。

【ストーリー】
未来ではタイムマシンの使用は禁じられているものの、犯罪組織が敵を証拠もなく消すために利用していた。抹殺するターゲットをルーパーと呼ばれる殺し屋が待機する過去に転送、ルーパーは確実にターゲットを殺害する手はずになっている。腕利きのルーパー、ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ある男(ブルース・ウィリス)が転送されてきた。いつものようにすぐさま仕事を片づけるつもりだったが、男が30年後の自分自身であることに気付いてしまう。ジョーが躊躇した隙をついて、未来のジョーは街へ逃走。仕事を完遂しないと自分が殺されるため、現在のジョーは必死に追跡する。ようやく未来のジョーを追い詰めた現在のジョーは、彼が危険を冒してまで過去へ来た真の目的を知る……。

looper (2)

【作品データ】
原題 Looper
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ポニーキャニオン(提供 ポニーキャニオン=ギャガ)
上映時間 118分

【スタッフ】
監督 ライアン・ジョンソン
脚本 ライアン・ジョンソン
製作 ラム・バーグマン 、 ジェイムズ・D・スターン

【キャスト】
30年後のジョー:  ブルース・ウィリス
ジョー:  ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
サラ:  エミリー・ブラント
ポール・ダノ
ジェフ・ダニエルズ



looper (1)

【マイレビュー】

FC2で3回も観たが、まだ訳わからない。
でも嫌いな映画なら、3回も観ない。
まだ、「不思議な映画」という感覚が残っている。

若い自分と年を取った自分が話をするところなど、他のタイムトラベル物としてはタブーの部分も平気で冒しているところや、未来と現在との町の様子に差がほとんど無いところも逆に新鮮だった。

特に素晴らしいという感想も無ければ、全然ダメな映画でもない。自分自身、このストーリーの筋書きが完全に理解できていないからだろう。そんなんじゃ評価のつけようが無いってもんだ。(開き直り^^)

いや~タイムパラドクスものは本当に難しい。

★ラブリー・ボーン Lovely Bones


Lovely-Bones-Wallpaper-the-lovely-bones-the-film-21421847-1680-1050.jpg

ラブリーボーン
2010年1月29日(金)公開

【作品情報】
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化。死を迎えた少女が、天国から家族や友人を見守り続ける、感動のファンタジー。

【ストーリー】
スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は父ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、祖母リン(スーザン・サランドン)そして妹といった暖かい家族に囲まれ、幸せに暮らしていた。学校では恋もするごく普通の14歳の少女。だが1973年12月6日、不幸にも無慈悲な殺人者の手によって殺されてしまう。亡くなったスージーは天国で温かく迎えられ、穏やかな日々を送るが、彼女の気持ちは落ち着かなかった。彼女を殺した犯人がまだ見つかっていなかったのだ。彼女はなんとかして残された家族とコンタクトを取ろうとするが、それは容易なことではなかった。やがて、殺人事件は顔見知りの犯行だったことが判明。家族にも危機が迫る。家族を救うために自分にも何か出来るはずだと必死に行動するスージー。果たして、苦悩する家族にスージーの想いは届くのか……。

【作品データ】
原題 The Lovely Bones
製作年 2009年
製作国 アメリカ イギリス ニュージーランド
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間 135分

【スタッフ】
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 フラン・ウォルシュ 、 フィリッパ・ボウエン 、 ピーター・ジャクソン
原作 アリス・シーボルド

【キャスト】
スージー・サーモン: シアーシャ・ローナン
ジャック・サーモン: マーク・ウォールバーグ
アビゲイル・サーモン: レイチェル・ワイズ
リンジー・サーモン: ローズ・マクアイヴァー
リン: スーザン・サランドン
ジョージ・ハーベイ: スタンリー・トゥッチ



LovelyBones03.jpg

【マイレビュー】
近所に住んでいた男の手にかかり、学校帰りにトウモロコシ畑で命を奪われたサーモン家の長女スージー(シアーシャ・ローナン)が天国と現実の間をさまよう魂(霊)となって、事件によって荒れてゆく家族の愛情や絆を取り戻させ、憎っくき犯人に復讐を果たしてゆく・・・、果たしてスージーは現世に思い残すこと無く、ちゃんと天国にたどり着けるのか。
仏教でいう「成仏」までの道のりの物語と言っていい。

「魂」や「霊」というものの存在が本当にあるかどうかは、生きている僕には到底わかりゃしないが、おそらくこのように現世にしがみついて、執着し、自分が死んだことをずっと受け入れられずに彷徨う霊や魂もあるのだと思う。
わかる気がする。

LovelyBones01.jpg


最初から犯人が誰かは分かっているので言うが、とにかくスージーの純真無垢な命を奪った隣人の男が憎たらしくてしょうがない。子供を持つ親ならわかるだろう。実はスタンリー・トゥッチはこの映画で助演男優賞を総なめしてしまっている。それほどの演技だ。

これ以上話すとネタバレとなってしまうので慎もう。

この物語に言えたことは、「遺体」への執着がとても希薄であることで、このあたりは日本人感覚とは少し違う。肉体や骨より「魂」を重んじる宗教感覚の違いなのだろう。
いつもながらこの手のサスペンスには警察が無能すぎる点、これはお約束だったか。
ビジュアル面では、CGと実写の配合バランスがとてもよくてとてもファンタジックに描かれている。
何より主役のシアーシャ・ローナンの可愛さと演技力の高さにビックリした。


LovelyBones05.jpg


検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。