スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★ラブ・オブ・ザ ゲーム

ラブ・オブ・ザ ゲーム06


MovieWalkerより抜粋
2000年1月29日(土)公開

【作品情報】
最後のマウンドにおのれの野球人生と恋人への愛を賭けるメジャーリーグのヴェテラン投手の姿を感動的に描くドラマ。監督は「クイック&デッド」「シンプル・プラン」のサム・ライミ。原作はマイケル・シャーラの同名作で、脚本は「シティ・オブ・エンジェル」のデイナ・スティーヴンス。製作総指揮は「羊たちの沈黙」のロン・ボズマン、「エアフォース・ワン」のマーク・エイブラハム。

【ストーリー】
ニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアム。デトロイト・タイガースの右腕のエースで40歳のヴェテラン投手ビリー・チャペル(ケヴィン・コスナー)はすでにシーズン優勝が決定しているヤンキースとの最終戦で完全アウェーの中、マウンドに立つ。前日、彼はデビュー以来苦楽を共にしたオーナーから実質的な引退勧告を受け、さらに、5年越しの恋人でファッション雑誌のライターであるジェーン(ケリー・プレストン)からも別れを告げられた。まさに運命の岐路というべきこの試合、序盤からチャペルは人生最高のピッチングを続ける。そんな彼の胸には野球を愛する両親とともに歩んだ自らの野球人生が去来する。またジェーンとの出会い、彼女の娘ヘザー(ジェナ・マローン)を交えたつかの間の幸せな日々、そして右手の大怪我に端を発した投手生命と彼女との別れの危機といった出来事が甦る。何度にも渡るピンチを女房役の捕手ガス(ジョン・C・ライリー)らの支えで乗り切り、完全試合を目前にする。

ラブ・オブ・ザ ゲーム08

【作品データ】
原題 For Love of the Game
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 138分

【スタッフ】
監督 サム・ライミ
脚本 ダナ・スティーヴンス
原作 マイケル・シャーラ
EP マーク・エイブラハム 、 ロン・ボズマン

【キャスト】
Billy Chapel:  ケヴィン・コスナー
Jane Aubrey:  ケリー・プレストン
Gus Sinski:  ジョン・C・ライリー
Heather:  ジェナ・マローン
Gary Wheeler:  ブライアン・コックス
Frank Perry:  J・K・シモンズ



ラブ・オブ・ザ ゲーム13


【マイレビュー】
ビリー・チャペル役のケヴィン・コスナーがとてもイカしている。最高にセクシーでものすごくいい。
言葉や仕草、佇まい、どれをとっても非の打ち所が無いほどかっこいい。

『フィールド・オブ・ドリームス』でも見せたように、彼は本当に野球のことが大好きなのだとこの映画でも手に取る様にわかるし、選手としてのある程度の実力も兼ね備えているように思う。投球シーンとかプレースタイルのすべてが本物のプレーヤーのようにキマっている。
5頭身のチャーリー・シーンとは大違いだ(笑)。

ラブ・オブ・ザ ゲーム04

リーグ優勝が決まっているヤンキーズにとっては完全な消化試合ではあるが彼らは全力で勝ちに来ている。
40歳というベテランのピッチャーのビリーにとっても年齢的な衰えや、古傷やひじの故障、チームの売り渡しに関わる自分の進退問題、ジェーンとの将来のこと・・・いろんな意地がぎっしりと詰まった試合である。その試合にいたるまでの過去の出来事が彼の頭に去就する・・・そういう物語である。

ラブ・オブ・ザ ゲーム02

試合の流れそのものがストーリーのメインになってはいるが、エピソードのメインはジェーンとの出会いから行く末にいたるまでである。
それも見逃せないのだが、チームのオーナーをはじめチームメートとの信頼や友情にまつわる思い出のエピソードも見逃せない。オーナーから言い渡された引導、ヤンキースに移籍した元同僚の引越し作業や、珍プレーで落ち込むセンターの外野手のことや、バッテリーとして絶大な信頼を分かち合うキャッチャーのガス(ジョン・C・ライリー)との友情物語とか、とても描ききれないであろうエピソードが数多く盛り込まれていて、これまたすべてに収拾がつくように丁寧に作られている。そのあたりも見事だ。

ラブ・オブ・ザ ゲーム01

ベースボールはアメリカの国技である。
学校の体育の授業にもなるほどで、子供はプレーヤーカード欲しさにガムを買いまくる。ほとんどの親は仕事よりも野球が好きなベースボールバカである。ブラジル国民にとってのサッカーと同じである。アメリカンドリームの象徴と言える。

この映画の中でジェーンが「あなたのカードが欲しくてみんなガムを買うんでしょう。」と自分など相手にしてもらえないんじゃないかという不安の裏返しで人気者のビリーに感情をぶつけるシーンがある。そんな風なアメリカという国のもつ文化歴史的な社会風潮もこの映画ではさりげなく会話にしている。重要というほどでもないが見事なセリフだと思う。
彼女をなだめる彼の答えもおしゃれだ。これは観てのお楽しみに。


ラブ・オブ・ザ ゲーム09


他にもおしゃれなセリフが一杯出てくる。アメリカ映画ならではだ。
レストランでの食事中にビリーがジェーンに「キスしていい?」と訊くシーンがある。
その質問に返答するジェーンの答えがとても秀逸だ。
「あたしね、前から思ってたんだけど男も女もみんな看板を持てばいいのよ。『軽薄』とか『淫乱』とかね。首から提げとくの。そうしたらきっと話が簡単でしょ?」
「君はなんて書く?」
答えを書いた紙をビリーに見せる。そこにジェーンがなんて書いたかは観てのお楽しみということで。


ラブ・オブ・ザ ゲーム03

~脱線とまではいかない短い余談~

座れそうに無い都内の満員電車などに乗りこんだとき、どこの駅で降りるかみんな看板を持てばいいのにとずっと前から僕も思っていた。ね、余談でしょ。




ラブ・オブ・ザ ゲーム15

ジェーンの娘、へザー(ジェナ・マローン)がスパイシーでとてもいい味を出している。
突然娘がいると聞かされたビリーだが、意外にもヘザーとジェーンの間でとてもいい潤滑剤となる。
そんな和気藹々的な家庭シーンもとても僕は気に入った。
飛行機の中でヘザーがビリーに話す内容は親を思う子供の気持ちや母親であるジェーンの理解しにくい行動の理由や心の迷いをよく解説している大事なシーンなのでセリフを聞き逃さないように。

ちなみに彼女が着ているTシャツには漢字で『平和調』と書いてある。普段使わない言葉だが、英語で言えば「Peaceful」ってことだろう。最近欧米の外国人はこういう漢字のプリントTシャツを「Cool!」とか言って買いあさっているらしい。彼らにとってTシャツの文字は「主張を表す」というが、これも日本人に対する”看板”のひとつなのだろうか(笑)


ラブ・オブ・ザ ゲーム09

もうひとつどうしてもジェーン役のケリー・プレストンについて話したい。
「彼女には僕自身も惚れた。」のが正直なところ(笑)。
ビリーといい勝負・・・は出来そうに無いが。
なんせ、ものすごくチャーミングだし綺麗だ。キャピキャピした若いギャルにも見えるし、色気のある熟女にも見える。
とても脂の乗った女性らしさがにじみ出ていてとてもステキだ。
また要所要所の演技がとても自然で演出を超えてとてもユーモラスでもある。彼女が出演している他の映画もチェックしておこう。


ラブ・オブ・ザ ゲーム05


この秀逸映画ではいろんなことを僕は感じた。
このあたりは人それぞれだろう。ストーリーとしてはやや出来過ぎ感があるが、なんたって野球こそアメリカの夢そのものだ。「アメリカンドリームを絵に描いた」映画の決定版だと思ったし、そこには疑いの余地も無い。
「野球」をネタにしたら他のすべてのことには目を瞑る。ただし野球さえもテキトーだったり、コミカルに描いたとしたらダメダメ映画のレッテルを貼らせてもらうが、この映画はいたって真面目だった。
素直に感動した三ツ星★映画だった。

ストーリーからは
「何かを得るためには何かを犠牲にして孤独な戦いをしなければならない」
そして「何事にも全力でぶつかれ。結果などどうでもいい。」ってことである。

ラブ・オブ・ザ ゲーム12
スポンサーサイト

★★★バガー・ヴァンスの伝説

バガー・ヴァンスの伝説15

バガー・ヴァンスの伝説
2001年3月3日(土)公開

【作品情報】
ロバート・レッドフォードの監督作。落ちぶれたゴルファーと放浪者の交流を描きつつ、ゴルフを通して人間と自然の調和をうたった感動作。

【ストーリー】
1928年、ジョージア州のサヴァンナ。かつて地元の若き天才ゴルファーと謳われていたジュナ(マット・デイモン)は、第一次大戦での悲痛な体験がもとで、ゴルフも恋人アデール(シャーリーズ・セロン)も捨てて隠遁生活を送っていた。一方アデールは、大恐慌で自殺した父の後を継いで、アメリカ最高のゴルフ・リゾートを完成させ、ゴルフ・マッチを企画した。ジュナは2人のスター・ゴルファーに対する地元からの挑戦者として、この試合に引きずり出されるが、廃人同様の彼は受け入れようとしない。そんな時、ジュナの前にバガー・ヴァンス(ウィル・スミス)と名乗る不思議な男が現われ、5ドルでキャディーを請け負おうと提案する。

バガー・ヴァンスの伝説10


【作品データ】
原題 The Legend of Bagger Vance
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 126分

【スタッフ】
監督 ロバート・レッドフォード
脚本 ジェレミー・レヴェン
原作 スティーヴン・プレスフィールド

【キャスト】
Bagger Vance: ウィル・スミス
Rannulph Junuh: マット・デイモン
Adele Invergordon: シャーリーズ・セロン
Hardy Greaves(old): ジャック・レモン
Hardy Greaves(young): ジェイ・マイケル・モンクリーフ
Walter Hagen: ブルース・マクギル
Bobby Jones: ジョエル・グレッチ



バガー・ヴァンスの伝説06

【マイレビュー】
久しぶりに僕評価で★★★星3つの作品を紹介する。この作品は以前に一度だけ見たがもう一度改めて観てみた。
個人的に大好きな3人の俳優、マット・デイモン、ウィル・スミス、シャーリーズ・セロンが出ている。
しかも僕が好きなスポーツ『ゴルフ』を人生のテーマに捉えた感動作である。

ゴルフが大好きな少年ハーディー(ジェイ・マイケル・モンクリーフ)がキャディーのバガー・ヴァンス(ウィル・スミス)のアシスタントをしてジュナ(マット・デイモン)一緒にラウンドするところからこの物語は盛り上がる。
挫折の末に10年以上も放ってしまった恋人アデル(シャーリーズ・セロン)とジュナの行く末も気になる。

バガー・ヴァンスの伝説14


「感動作」と書いたが、実はこの作品にはゴルフを通じて人に生き方をいろいろ教えてくれている。

自然との調和を大切にすること、勝ち負けではなくプレーすること、正しく生きること、感じたことに素直に従うこと、人は誰でも唯一のスイング(生き方)があるということ…。
また挫折することは誰にでもある。そこからどう生きるかには二つの選択がある。前を向いて歩き続けるか、立ち止まるかである。
この映画を観て何を感じるかは個人の心にある。
だからこの僕程度の人間が『感動作』と言い切ってしまうことには少し抵抗を感じたりもする。

バガー・ヴァンスの伝説17

少しストーリーに触れるが、数多くのシーンの中で僕が特に秀逸だと感じたシーンがある。

最初の18ホールを終わって12オーバーと調子が上がらず、上昇への「きっかけ」もつかめないジュナ。
ロッカールームのなかで幼いハーディーがジュナに、不況のあおりで父親が惨めに箒を持って道路掃除をしている姿をみっともない嘆く。それに対してジュナが
「それを恥ずかしいと思うのか?破産宣告をして何もしないでプライドだけを保とうとするヤツなんかよりよっぽど立派だ。君の父さんは箒を持って逆境と戦っているんだ。」と彼に諭すシーンがある。
そして「ゴルフがそんなに好きか?」とハーディーに訊く。
するとハーディーは目を輝かせてこう話す。
「ゴルフは最高だもの。難しいけど楽しいゲームだ。戦う相手は緑の芝生とボールと自分だけ。自分にペナルティーを課すゲーム。誰もが正直にスコアをつける。そんなゲームがほかにある?」とジュナを勇気付ける。
こうしてお互いに光と勇気を与えるシーンだ。大人と子供の会話だがとても多くを教えてくれていると思う。

バガー・ヴァンスの伝説16

ウィル・スミス演じる謎のキャディーのバガー・ヴァンスの言葉のすべてに意味がある。彼は本当に実在していたのか、それとも幻だったのか、僕はすべて自分の心の中にいる別の自分なのではないかと思った。

僕は彼の言葉の一言一句聞き逃すまいと映画を観ながら必死でメモを取り続けたほどだ。

ゴルフが全く分からない人よりも少しでもゴルフを楽しんだことのある人のほうがこの物語の流れやラウンド中の展開がよく理解できると思う。僕のレビューとしては最高点の3つ星★★★映画である。

バガー・ヴァンスの伝説02
バガー・ヴァンスの伝説01





★マネーボール

moneyball.jpg


WikiPediaより

【作品情報】
2011年のアメリカ合衆国の映画。マイケル・ルイスによる『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』を原作とし、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンがセイバーメトリクスを用い経営危機に瀕した球団を再建する姿を描く。ベネット・ミラーが監督し、ブラッド・ピットがビーンを演じた。当事者である監督や選手も実名で登場する。第24回東京国際映画祭にて公式クロージング作品としてアジアプレミア上映。

【ストーリー】
ビリー・ビーンは、かつて超高校級選手としてニューヨーク・メッツから1巡目指名を受けたスター候補生だった。スカウトの言葉を信じ、名門スタンフォード大学の奨学生の権利を蹴ってまでプロの道を選んだビーンだったが、自身の性格も災いして泣かず飛ばずの日々を過ごし、さまざまな球団を転々とした挙句、引退。スカウトに転進し、第二の野球人生を歩み始める。
2001年ポストシーズン、オークランド・アスレチックスはニューヨーク・ヤンキースの前に敗れ去った。オフには、スター選手であるジョニー・デイモン、ジェイソン・ジアンビ、ジェイソン・イズリングハウゼンの3選手のFAによる移籍が確定的。アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)となっていたビーンは、2002年シーズンに向けて戦力を整えるべく補強資金を求めるも、スモールマーケットのオークランドを本拠地とし、資金に余裕の無いオーナーの返事はつれない。
ある日、トレード交渉のため、クリーブランド・インディアンズのオフィスを訪れたビーンは、イエール大学卒業のスタッフ、ピーター・ブランドに出会う。ブランドは各種統計から選手を客観的に評価するセイバーメトリクスを用いて、他のスカウトとは違う尺度で選手を評価していた。ブランドの理論に興味を抱いたビーンは、その理論をあまり公にできず肩身の狭い思いをしていた彼を自身の補佐として引き抜き、他球団からは評価されていない埋もれた戦力を発掘し低予算でチームを改革しようと試みる。

109574_400.jpg

【作品データ】
原題 MONEYBALL
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 133分

【スタッフ】
監督 ベネット・ミラー
脚本 アーロン・ソーキン 、 スティーヴン・ゼイリアン
原作 マイケル・ルイス

【キャスト】
ビリー・ビーン:  ブラッド・ピット
ピーター・ブランド:  ジョナ・ヒル
シャロン:  ロビン・ライト
アート・ハウ:  フィリップ・シーモア・ホフマン
スコット・ハットバーグ:  クリス・プラット
ケーシー・ビーン:  ケリス・ドーシー




この映画はとても良かった。
ほとんどが実話であり、試合の展開や内容が記録映像とともに紹介される部分もあり観ている僕らにも分かりやすい感動が伝わってくる。
何よりアスレチックスGMのビリー・ビーン役のブラッド・ピットが素晴らしい。今までの役のどれよりも自然でハマリ役だと思った。

トレードの話で敵陣に乗り込んだビリーが、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)と出会うことで彼の野球理論がガラリと変わってゆく。そこから僕も吸い込まれるように見入ってしまった。

ピーターは従来のスカウトマン方式とは全く異質の「セイバーメトリクス」という確率統計学を用いて、ビリーとともに、『出塁率』を第一に重視し低予算でも優れた選手を獲得し、強いチームが出来ることを証明してみせる。ピーターの意見を重視するビリーに対する古参のスカウトマンたちとの感情的な衝突や、ハウ監督との采配の奪い合い、チームリーダー作りなど、全く新しい強いチームづくりへの大改革が始まる。
当時肩や肘を壊し、どのチームからも見放された捕手スコット・ハットバーグ(クリス・プラット)を「一塁手」として迎える。このあたりからはビリー本人の現役時代へのわだかまり、現役野球選手本人のやりきれなさや苦しみ、そしてそれを支える家族の絆や愛情が徐々に表れてくる部分である。

興味を引くのはやはりビリーの参謀となったピーター・ブランドという人物である。映画の中ではピーターは野球経験が全く無く、太ったエール大卒の統計オタクである。ピーターのモデルとなったのは実在するポール・デポデスタというハーバード卒の人物であることが書かれていたが、映画での描かれ方や風貌があまりにも自分と違うということで実名使用は断ったらしい。


とにかく一気に観れる秀逸な映画だと思う。

moneyball7.jpg


★★ラッシュ/プライドと友情 RUSH

ラッシュ-プライドと友情

MovieWalkerより
(作品紹介)
日本でも絶大な人気を誇るモータースポーツの最高峰、F1。その1976年シーズンの壮絶なチャンピオン争いに迫るヒューマンドラマ。事故で大やけどを負いながらもシーズン中に復帰したニキ・ラウダと彼の不在時に強さを見せたジェームス・ハント。性格もドライビングスタイルも正反対な2人の戦いを臨場感あふれるレースシーンとともに描く。

(あらすじ)
フェラーリに乗る沈着冷静で隙のないレース運びをするニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)と、マクラーレンに乗る奔放な性格ながら誰からも愛される天才型のジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)は、正反対の性格と走り方のため、常に比較され、衝突することもあった。1976年、前年チャンピオンのラウダはトップを疾走していたが、ドイツ・ニュルブルクのレース中にコントロールを失い壮絶な事故を起こす。大怪我を負ったラウダは生死の境をさまよい再起不能かと思われたが、6週間後、まだ傷が治っていないものの彼は復帰。そして迎えたシリーズ最終決戦の日本・富士スピードウェイ。ラウダとハントは互いにライバル以上のつながりを感じながらレースに臨む……。



ラッシュ-プライドと友情3


問答無用、文句なしに面白かった。
久々にものすごく感動した。二人の対照的なF1レーサーの生き様、どちらもすごく格好よかったし、感動した。
やっぱり実話モノは僕は一番好きだ。

若干のネタバレになってしまうが、僕が特に感動したシーンは、ニキ・ラウダが事故から再起し復帰レースする会見の席上でニキに対して失礼な質問をした記者を、会見のあとでジェームス・ハントがトイレに連れ込んでボコボコに殴るシーン。実話としてそんなことがあったかどうかは定かじゃないが、男同士のライバル関係や友情を美しいと感じる名シーンだった。

これを見てF1の歴史やレーサー自身のことをもっと知りたいと思った。

ラッシュ-プライドと友情2





●チェイシング・マーヴェリックス CHASING MAVERICKS

chasing marverics-ss

伝説の巨大なウェイブに果敢に挑んで、22歳の若さでこの世を去った天才サーファー、ジェイ・モリアリティの実話に基づくアドヴェンチャーと、ヴェテラン・サーファー、フロスティ・ヘッソンと 彼との間の 師弟関係を超えたユニークな友情を描く作品。
ティーンエイジ・サーファーのジェイは、北カルフォルニアのハーフムーン・ベイに発生する ”マーヴェリックス”という名称の 巨大かつ、危険で、命を奪われかねないウェイブに挑むために、地元のサーファー、フロスティからトレーニングを受けることに…。そして、彼の飽くなき マーヴェリックへの挑戦が始まるのだった。

出演者:
ジェラルド・バトラー、ジョニー・ウェストン、レヴェン・ランビン、他。




この映画を観ているだけで、サーフィンの楽しさ、怖さ、自然の脅威と美しさに感動する。もっといい画質で見られたら良かったと思う。
また、そういうビジュアル的な感動とは別に、人間の『情熱』や『愛情』というものに心を打たれる。
人生の障壁に立ち向かう姿、心の葛藤や、それを超える情熱など、大人になるための多くの試練と克服の仕方を、この『波乗り物語』を通じて教えてくれているように思う。

見どころは、師匠であり父親のようなフロスティとの友情、それからやはりラストの、伝説の巨大マーヴェリックに乗るシーンである。

chasing marverics1ss



検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。