スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●マージン・コール Margin Call

マージン・コール05

【作品情報】

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエリックは、意味深な言葉と共に後輩のアナリスト、ピーターにUSBメモリーを託す。その晩、USBメモリーに記録されたデータを調べたピーターは、会社倒産にも繋がる衝撃の事実を知る。キャストには、ケビン・スペイシーをはじめ実力派俳優が集結。第84回アカデミー賞で脚本賞にノミネート。

【ストーリー】
ウォール街のとある投資銀行。ある日、突然の大量解雇が発表される。リスク管理部門でも多くのスタッフがオフィスからの退去を命じられる中に、リスク管理部門の責任者エリック・デール(スタンリー・トゥッチ)の姿もあった。彼は「用心しろ」という意味深な言葉とUSBメモリーを部下であるピーター・サリヴァン(ザカリー・クイント)に手渡した。その晩、残されたデータを分析したピーターは、会社が全資産を超える損失に繋がりかねないリスクを内包した大量の金融商品(不動産担保証券、いわゆるサブプライム商品)を抱えている、という結論に達する。即座に新たに上司となったウィル・エマーソン(ポール・ベタニー)を呼び出し状況を説明するピーター。既に状況は逼迫しており、明日にもリスクが顕在化する危険があった。ウィルと上司のサム・ロジャース(ケヴィン・スペイシー)は緊急役員会の招集を進言する。会社の存亡の瀬戸際で役員達が導き出した結論は、市場が気付く前に全ての不良資産を早急に売りさばくことだった。

マージン・コール15

【作品データ】
原題 Margin Call
製作会社  ビフォア・ザ・ドア・ピクチャーズ
配給  ロードサイド・アトラクションズ、アメイジングD.C.
公開  2011年1月25日 アメリカ
上映時間  109分
製作国 アメリカ合衆国

【スタッフ】
監督 J・C・チャンダー
脚本 J・C・チャンダー
製作 ロバート・オグデン・バーナム他
製作総指揮 ジョシュア・ブラム他

【キャスト】
サム・ロジャース: ケヴィン・スペイシー
エリック・デール: スタンリー・トゥッチ
ウィル・エマーソン: ポール・ベタニー
ピーター・サリヴァン: ザカリー・クイント
セス・ブレッグマン: ペン・バッジリー
ジャレッド・コーエン: サイモン・ベイカー
サラ・ロバートソン: デミ・ムーア
ジョン・チュルド: ジェレミー・アイアンズ



マージン・コール22

【マイレビュー】

鑑賞していて途中でムカついてきた。この手の大手の投資会社、大手銀行や証券会社破綻劇はすでにたくさん映画化もされているが、実態がここまで酷いとは知らなかった。あきらかに『悪行三昧』っである。
役者が上手すぎて余計に腹が立つ(笑)

好きな女優さんである『デミ・ムーア』は「G.I.ジェーン」のときが一番ステキだった。最近。相当劣化しているけど、このときはギリOKかな。まだ色気たっぷりだ。ただ彼女の色気は全くこの映画では生かされる場面がなかったが、結局事なかれ主義を選んだ役員の一人だったが最後はやっぱり社長から裏切られる。

それから『ケビン・スペイシー』、「セブン」で不気味で頭の良い連続殺人犯役もやったが、クールで物静かで雰囲気のあるとても好きな俳優だ。彼もこの映画では最終的には魂を売った中間管理職の役をしている。

『スタンリー・トゥッチ』ちょっと見だとわからないが「ラブリーボーン」の犯人役だった。この人もいろんな役柄が出来るすごいキャパの広い俳優さんだ。彼が一番先にクビになるが、なんでもっと早く告発しない!?

『ザカリー・クイント』まだまだ若い。ここでは有能な部下を演じていたが、上司に楯突くこともなくやはりサラリーマンだった。どうせクビだし潰れる会社なら、上司もへったくれも無い。正義感出して食って掛かればいいのに、それでも男か、バカモン!あの「スター・トレック」のスポック役とゲイの道でカミングアウトしてしまったことで有名。

『ジェレミー・アイアンズ』とにかく一番ムカついたのがこの人演じる社長。さすが名優、最悪の社長を演じるのにも最後まで憎たらしいほどの威厳を保っている。破綻した当日の朝だと言うのに「ホテルの最上階でワインを片手にステーキ朝食を食っている」ほどの余裕をぶちかましてくれちゃってるし。


作品の評価はとても難しいが、僕がムカついた分はマイナス(笑)。
監督、脚本、撮影など映画としての基本部分については問題なし。専門用語だらけの会議は難しかったが、会話のやり取りの中で素人向けにも解説してくれていた。そういう親切なところは★だし、役者が上手すぎるのも★。総合的には、実話なだけに「娯楽性」は無く、2回は観なくてもいいかなって事で及第点の●かな。。

マージン・コール03

破綻したリーマン・ブラザースの最後の一日を克明に記した映画でありほぼ実話に等しいようだ。こんな無茶苦茶なことが実際に行われていたのだから、証券取引だとか資産運用だとか全く関係ない一般人たちさえもトバッチリを受けないはずが無い。
こういう大バカ野郎な連中が資産運用を担っていて、金融経済を動かしているわけだ。
最後には自分達の保身だけを目的に市場を動かして虚偽取引で損失補填に走る行為はさながら血迷った通り魔のようだ。

どこかで事前に察知できるシステムが「社外に」絶対に必要である。役員クラスの政府スパイを金融機関に潜入させたり、解雇されたサリヴァンのような優秀で冷静な人がFBIとか金融庁や財務省にいつでも内部告発できる「証人保護システム」のような仕組みを「国際的に」作ったほうがいいし、こういう事態になったら、まずはじめに「企業トップ&役員の資産差し押さえ」を緊急発動すべきだ。「超法規措置」ってやつである。

マージン・コール17

だってもともとお金で解決する問題なのだから、余計な記者会見とか、刑事告訴手続きとか逮捕状請求とかは二の次だし別次元だと思う。行動制限を発令して逮捕なんかしなくてもいいぐらいだ。
それよりまずはじめに企業の社長、会長、専務ら役員らの資産を即刻凍結して、一切のお金も左右できないようにするほうが理にかなっていて重要でまともなやり方だと思うわけだ。破綻の当日の朝でもいつもと変わらず優雅にワインを開けステーキ朝食を食ってる役員は、即刻身ぐるみ剥がして保釈金も払えない資産ゼロのどん底へ突き落とすべきだと思うね。あの堺雅人がキャバクラで宇梶をやっつけたように。

お金は「プラマイなんぼ」の世界だから役員の資産凍結ぐらいで負債がトントンにはならないとは思うが、それである程度解決できれば一番いい。それが「損失補てんの本来の形」である。


「マージン・コール」とは資産運用取引における用語のひとつとのことだが、調べてみても僕にはちんぷんかんぷんだった。別に知らなくてもいいし、この先この言葉が役立つとも思えない。
そのぶん、いくつかの「孔子の格言」でも実行したほうが人生のためになるはずだ。

マージン・コール06

証券取引、FXやデイトレードなど専門的分野に長けている方であれば、この映画の中の最後のやりとりは面白すぎて腰を抜かすんじゃないかな。普通だったら笑えないんだけど笑ったりしてさ、ああそんなヤツ気持ち悪い。
それに毎日椅子に座り机の上の何枚ものモニターを見ながらお金を右から左、左から右へスライドさせているだけの”デイトレーダー”と言われる連中は、僕から言わせたらただの「グータラのゲーマー」でしかない。そんなんでいくら大金持ちだろうといい家に住んでようと人として超かっこ悪い。全く尊敬に値しないし、はっきり言って軽蔑する。画面上の数字の桁が何億だろうと関係なく、人間としての義務や資質や品格が欠如している。

「やつらはマネーゲームが無かったら他のギャンブルにでものめりこんでる連中さ、どうってことない」
ってセリフもこの映画にある。本当にそのとおり。

朝からどこにも行かず椅子に座って画面を見ながらキーボードをカチャカチャやっているその間、額に汗して一生懸命働いている人たちがいる。その人たちが世の中を動かし、世の中を良くしている人たちである。
こつこつと毎日当たり前のように働いているそういう人たちが、マネーゲームのトバッチリを受けるような世の中になってはけっしていけないと僕は思う。

今日は映画のレビューではなくただの主張になってしまいましたが、あしからず。

P.S.
先日ビットコイン取引所の破綻があったが、もともとあんなのおかしいに決まってる。
コインの価値が変動したころは機関投資家が介入し始めたってことに相違ない。一気におかしな連中が顔を出してきてあの破綻だ。むしろこっちにまで被害が無くて早く破綻してくれてよかった。

マージン・コール09
スポンサーサイト

●フローズン・グラウンド

The Frozen Ground_4

2013年10月5日(土)公開

【作品情報】
12年間で24人以上の女性を拉致監禁し、彼女らを人間狩りのような手口で殺害していた連続殺人犯ロバート・ハンセン。現在も461年の刑で服役中の彼と事件を追うアラスカ州警察の巡査部長との激しい攻防を描く実話サスペンスミステリー。ハンセンをジョン・キューザック、巡査部長をニコラス・ケイジが演じるなど、ベテラン同士の熱演に注目だ。

【ストーリー】
1983年、アラスカ・アンカレッジ。17歳の娼婦シンディ・ポールソン(ヴァネッサ・ハジェンズ)が、モーテルの部屋で手錠に繋がれ叫び声を上げているところを警察に保護された。彼女は指名した男に殺されそうになったと警察に話すが、その男、ボブ・ハンセン(ジョン・キューザック)にはアリバイがあり、町の善良市民と言われている人物であった。そんな彼を警察は疑う余地はなく、娼婦の客とのトラブルということで事件を握りつぶそうとする。だが彼女を助けた警官は納得がいかず、事件の調書書類を上司に黙って州警察に送るのだった。同じ頃、ニックリバー沿いの平原で身元不明の少女の無残な遺体が発見された。事件を担当するのは、退職間近のアラスカ州警察巡査部長ジャック・ハルコム(ニコラス・ケイジ)。彼はここ最近立て続けに変死体が見つかっていたことから、同一犯の仕業ではないかと考える。

【作品データ】
原題 The Frozen Ground
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 105分

【スタッフ】
監督 スコット・ウォーカー
脚本 スコット・ウォーカー
撮影 パトリック・ムルギア

【キャスト】
ジャック・ハルコム: ニコラス・ケイジ
ロバート・ハンセン: ジョン・キューザック
シンディ: ヴァネッサ・ハジェンズ
ライル: ディーン・ノリス
ジョディ・ブランドン: オルガ・バレンティナ


The Frozen Ground_3

【マイレビュー】
うんうん、3日前に観た「殺しのナンバー」に出ていたジョン・キューザックより、こんな女性連続殺人犯であるこっちのほうが彼に合っていると思った。彼自身もともと善人の顔をしているが、表情が豊かではない分こういう無機質で冷血で小賢しい犯人役が逆に恐ろしさが増してとても合っていたと思う。

このストーリーは実話に沿ったサスペンスである。
ロバート・ハンセンでググればズラーッとヒットする。24人の女性の殺人で最終的に「461年」の刑だと。
罪の大きさを量ったり、他の罪と比較する度合いにはなるだろうが、「461年?なんじゃそりゃ」って感じだ。

「地元の警察がなぜ同じような前科もある彼に対してノーマークだったか」

当初はきな臭い感じで隠蔽癒着的な匂いを漂わせていたが、結局地元警察が無能ってことで何も暴かれていなかったのは解せなかった。アラスカ州立警察のジャック、まさしくニコラス刑事(笑)にちゃんとそのあたりまで一緒に暴いて欲しかった。本当はしっかり撮っていたのに、出来あがった映画に警察が圧力を掛けたのかもしれないな。スルーされる点じゃない。

そのもたついている間にたくさんの犠牲者が出ても、最後の犯人逮捕でハイタッチ&ハグハグ&拍手喝采するのが(基本的にはアメリカ国内で大ウケする)アメリカ映画なのだ。
いつも誰かをヒーローにして「強引」にハッピーエンドに持っていく。こういうところがすごく適当なのがアメリカ映画の特徴だ。

The Frozen Ground_7



「インディペンデンス・デー」にしても「アルマゲドン」にしても戦って死んだ父親の娘や息子がそこにいるのに、あたりの大人たちがみんなで「わ~~ついにやったぞ!!これで地球は救われた~!おめでとう。(拍手喝采、ハイタッチ&ハグハグ)」である。遺族に対する無神経な行動は日本では逆に顰蹙を買う。



ちょっと中盤のもたつく感じとか、そのあたりは犯人を追い詰める緊迫感が伝わってきたが、実話の割りに映画としての脚色が相当入っているように僕には思えた。それにやっぱりいつもの「ニコラス・ケイジの映画」になりすぎてたように思う。

犯人逮捕のきっかけになるはずの17歳のシンディー(ヴァネッサ・ハジェンズ)の行動にはいちいちイライラしたが、配役的にもあまり可愛げが無い女優さんだったなあ。もっとクロエ・モレッツまでとはいかなくても可愛げがあって、ちょっとだけ問題児程度がこなせる女優さんがいなかったのかな。たくさんのシーンを彼女に裂いている分、僕にはとても残念だった。


The Frozen Ground_1

★キャプテン・フィリップス

キャプテン・フィリップス

MovieWalkerより抜粋
2013年11月29日(金)公開

【作品情報】
『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督が、トム・ハンクスを主演に迎え、09年にソマリア海域で起きた人質事件を基に描く緊迫感あふれるサスペンス。乗組員の代わりに海賊の人質となったベテラン船長と海賊との駆け引き、人質奪還を狙う海軍特殊部隊NAVY SEAL、救出作戦実行チームのスナイパーを巻き込んだドラマが展開。

【ストーリー】
2009年3月28日。マークス海運に勤務するリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、マークス・アラバマ号の船長としてオマーンからケニアへ援助物資を運搬するため、妻アンドレア(キャサリン・キーナー)や2人の子どもたちとともに暮らす米国バーモント州の自宅を出発。到着したオマーンのサラーサ港では、ベテラン船長らしく手際よく出航準備を進めてゆく。乗組員は20名。マークス・アラバマ号は予定通りケニアのモンバサ港へ向けて出航するが、海賊の活動が激化する航路上で、2隻のモーターボートの追跡に気付いたフィリップスは警戒を指示。ドバイの英国海運オペレーションとの交信を傍受した海賊も、一度は引き返した。翌4月7日。再び追跡を始めた海賊がハシゴを使ってアラバマ号へ侵入。大混乱の中、乗組員の大半は訓練通り機関室へ身を隠す。海賊は4人。英語堪能なリーダー格のムセ(バルカド・アブディ )に、血気盛んなナジェ(ファイサル・アーメド )とエルミ(マハト・M・アリ)、そして、まだ少年の面影を残すビラル(バルカド・アブディラーマン)だった。

キャプテン・フィリップス

【作品データ】
原題 Captain Phillips
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 134分

【スタッフ】
監督 ポール・グリーングラス
脚本 ビリー・レイ
製作総指揮 グレゴリー・グッドマン 、 イーライ・ブッシュ 、 ケヴィン・スペイシー

【キャスト】
リチャード・フィリップス: トム・ハンクス
ムセ: バルカド・アブディ
ビラル: バルカド・アブディラーマン
ナジェ: ファイサル・アーメド
エルミ: マハト・M・アリ
アンドレア・フィリップス: キャサリン・キーナー


キャプテン・フィリップス3

【マイレビュー】
僕は実話を映画化した作品がもともと好みで、妙なヒーロー感バリバリじゃないトコ、そのぶんやっぱ現実感があって好きだな。

たった4人の武装海賊に、ざっと20人程も乗組員が居るあんな大きな貨物船が乗っ取られてしまう現実があることなどは、とても信じられなかった。
消火用のホースで近寄らせないようにしているのだがちっちゃなモーターボートで急接近して、マシンガンを撃ちながら、あれよあれよと相手のなすがままに大型貨物船の縁に梯子をかけてよじ登られてしまう。乗組員や船長はその経過を見ているしか出来ないことに、ものすごい恐怖と不安感がこみあげる映画だった。
しかも武装した海賊のカタコトの英語の命令に、ソマリア語での仲間同士の会話、苛立ち、仲間割れ、口喧嘩、人質への暴力を伴う脅迫など、言葉の意味が分からない分、その恐怖感も追加される。


海賊のリーダーの冷静さと頭の良さが当初はスキが無く、中盤まで緊迫の連続でかなり怖かった。
だが、最後のほうは結局、部族の長の名前を出せばおとなしく従うような、彼らなりの縦社会を利用したアメリカ海軍の知恵に騙されてしまう浅はかさに、すこしガッカリもした。
ちょっとネタバレになってしまったが、実話だからいいだろう。

キャプテン・フィリップス2

世界中のタンカーや貨物船が行き交うソマリア沖の危険海域を航行するのに、放水以外に防衛のための攻撃も出来ないのは、危機管理という面で現実的ではないと思った。
その反面、彼らが漁師ではなく何故「海賊」になったか、その背景にある彼らの国でどのような問題がずっと前からおきているのかは、この映画の中でおぼろげに理解できる。
遠くてよく知らない国の海域で、実際に日常的に起きている海賊行為にスポットを当て、そうやって世界の紛争地域で実際に起きていることを直視させ、問題提起することが、この映画の主題ではないかと思えた。

僕の大好きな『グリーン・マイル』もそうだったが、この映画もたしかにトム・ハンクス以外に誰も適役にはなれないかなぁって思った。思いつくのはあと、ニコラス・ケイジぐらいかな。アメリカ人っぽいっていう点でやっぱトム・ハンクス。本当に年を取れば取るほどいい役者になってゆく。今までの彼主演の映画によく見られた背筋や背筋が強張った感じは一切無く、とても普通っぽくてよかった。

まるでライブカメラを見ているようなそんな感覚にさせる映画だった。★超おすすめ。

キャプテン・フィリップス4

★インポッシブル The Impossible

impossible.jpg

04年に発生し、多くの人々の命を奪ったスマトラ島沖地震。未曾有の大惨事に遭遇し、離れ離れになりながらも再会することを決してあきらめなかった家族の実話を基にした感動作。


2004年におきたスマトラ沖地震。その実話ということもあり、しかも東日本大震災時の津波を経験した日本にとっても、いろんな意味で意義ある日本での上映になりそうだ。

僕は何よりこの映画における家族全員の高い演技力を最大級に評価したい。
CGは使わず本物の水を使うことによって溺れながら決死の撮影に耐えたナオミ・ワッツの役者魂とド根性が映画に出ている。役柄を超えた彼女の人間としての魅力にも迫っていると思う。
長男のトム・ホランドの演技力も見事だったし、次男三男の小さな役者たちも素晴らしかった。

これは観てもらったほうがいい。

辛口評価する人も多いが、こういう実話映画にはそもそも辛口になっちゃいかん、と僕は思う。


検索フォーム
シネマ記事を検索します
プロフィール

力蔵

Author:力蔵

こんにちは、『秀逸シネマ紹介中!』管理人の大の映画ファン「力蔵」と申します どうぞよろしくおねがいします 
辛口批評を多く含んだ映画レビューを書かせていただいてます 
甚だ僭越なのですが僕なりの評価点がわかるように各映画タイトルの頭に6段階の記号を付けています 記号の意味は以下の通りです

★★★ 超とびきり秀逸シネマ!
★★ お勧め秀逸シネマ
★ 秀逸シネマ
● そこそこシネマ
▲ いまいちシネマ
✖ がっかりシネマ


僕は主に洋画が好きでアクション・サスペンス・ミステリー・パニック・SF・スパイ・政治・戦争モノなどで「ストーリー性」重視な作品をよく観ます あまり好みで無いジャンルはホラーやオカルトやコミカルドタバタ系です ゾンビ・バンパイヤなどの怪物系や幻想・魔法系それにアニメもあまり観ません ただ食わず嫌いもありますので僕が観ないジャンルにお勧めの映画があればぜひ教えて欲しいと思います

記事には気に入ったカットシーンを何枚か貼り付けています ネタバレは極力避けるように心がけていますが作品情報については「MovieWalker」さんから大まかに引用させていただいています 是非観て欲しい肝心なお楽しみの部分は皆さまにしっかり残しておきます

こんな拙い僕の映画評論が皆様の参考になれば幸いです



好きな男優:
マット・デイモン
ショーン・ペン
デンゼル・ワシントン
ケヴィン・コスナー


好きな女優:
シアーシャ・ローナン
ナオミ・ワッツ
ニコール・キッドマン
ルーニー・マーラ
ナタリー・ポートマン

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
集計
ブログランキング
ご協力に感謝します

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。